廃車の費用が業者によって違う。廃車代っていくらが妥当なの?

廃車の費用はかからない

ひと昔前までは、廃車する場合2万円~3万円を払って引き取りをしてもらいましたが、ここ数年は廃車を買取してくれるため、お金を払って廃車することはありません。

 

どんな状態の車でも様々な方面へ需要があり、お金に換えることが出来ます。

 

例えば車の状態はいいけど中古車市場で人気がないと一般的な買取価格は低評価となり廃車扱いされるでしょう。しかし、車屋さんでは、代車やレンタカーなど自社登録をして事業用に使うことがあります。

 

また、国内ではなく海外へ輸出をして海外で活躍する車もたくさんあります。

 

国内外でも売れない場合は、スクラップするしかありません。スクラップ業者は使えそうな部品を取って中古部品として販売します。

 

使えない部品や修復不可能な車の場合は、資源として売ります。鉄、銅、アルミ、プラスチックなど多くの資源が取り出せますので1トン(軽自動車の重量)の車で約1万円~2万円で買取が可能になります。

 

このように廃車は買取が可能というわけで、お金を払って車を処分してもらうことはしなくていいのです。

 

自分で廃車する場合

処分しようとしてた車が買取してくれた。そのあとは廃車の手続きがあります。ほとんどの買取業者さんがこの手続きまでしてくれますが、中には手続きにかかる事務手数料を別途請求してくる業者がいます。

 

数千円であればお願いしたほうがよいでしょうが、数万円の金額を請求された場合は買取業者を変えるか、自分でする方がよいでしょう。

 

自分で廃車の手続きをする場合は350円で済みます。

 

350円です。

 

陸運局で350円の印紙を購入するだけでいいのです。

 

もちろん必要な書類はありますが、すごく簡単です。

 

廃車はお金がかかる。。。

手続きが面倒臭い。。。

 

なんてことはないんです♪

 

 

タグ:   

カテゴリ:費用について 

廃車を無料でしてくれる理由

廃車するのにどれくらい費用がかかる?

車を廃車する際に一体どれくらい費用が掛かるのかご存知でしょうか。

 

 

 

このサイトでは廃車する場合買取を推進していますので、費用はかからないのが前提ですが、一般的に廃車の処分料はディーラーや中古車販売店では約2万円~3万円が相場でしょう。

 

実際にかかる費用は350円です。

 

ワンコインでおつりがきます。

 

この費用は抹消手続きをする際にかかる印紙代だけなんです。では、肝心の車の解体費用はというと、買い取る側の業者さんによりますが、車屋さん、解体業者、部品取り業者、輸出業者これらすべての業者さんはお金を払って引き取ってくれます。

 

サービスの良い業者さんは抹消東特まで無料でしてくれる業者さんもいます。

 

このことから、街中で見かける廃車無料の看板をあげている業者さんは廃車無料でしても赤字どころかウン万円の利益がでるんです。

 

どんな車でも費用は同じ?

廃車の手続き(抹消登録)にかかる費用はどんな状態の車でも同じ350円です。

 

しかし、車検切れや事故車故障車などの公道では走行ができない車は取りに来てもらわないといけません。普通、引き取りに来てもらう場合、レッカー車や積載車で引き取りしてもらうためその費用は別途かかる業者も多いはずです。

 

 

JAFや保険のロードサービス特約を利用すれば心配することはありませんが、それらの利用が出来ない場合はやはり、引き取りに来てもらわないといけません。

 

前述のようにこのサイトでは、廃車の費用を掛けずに、少しでも高く買取りしてもらうためのサイトですのでTOPページで紹介している業者であれば一切費用を掛けずに、少しでも高く買取りしてくれる業者を紹介していますのでぜひ参考にして下さい。

ページの先頭へ