車の処分の買取を沖縄でしてもらうには

車の処分と買取りの違い

沖縄で車の処分と買取りの違いをまずしらべてみます。沖縄で車の処分とはスクラップや解体となるため廃車となります。沖縄でその車の処分の買取りとなると、車の価値を出してもらわないといけません。

 

沖縄で車の処分をする沖縄の廃車買取業者や解体業者は車の処分をするにあたり、どういう方法で処分をするのかで沖縄の車の処分料を決めます。

 

沖縄で一般的な車の処分をする業者は、その車を鉄やアルミ、プラスチックなどを再利用するために分類します。そして分類したそれぞれの資源を1kgあたり○○円として再販します。

沖縄で人気の軽自動車でも1tあり、大型車になると2tを超えるものもあります。よって、車の重量にとって買取価格を定めて買取りをしてくれる沖縄の業者も多いのです。

 

 

資源として車の処分をする沖縄の業者と別に、車の部品取りを専門とする沖縄の業者もあります。

例えば、沖縄で前方を損傷した事故車をリヤ周りの部品だけを使ったり、過走行車の車であれば機関的(エンジン、ミッションなどの駆動部)部品以外の内装部品やドア、ボンネットなどをリサイクル部品として販売します。

その車の人気によってはドアだけでも数万円で取引されていたりします。資源として買取るのではなく使える部品を丸ごと買取るということになりますので、上記の方法よりも高い買取査定が期待されます。

 

 

また、沖縄で車の処分という廃車扱いをされても、海外では意外と人気がある車種だったりします。

平成4~5年あたりのカローラなんて程度関係なく数十万円で取引されていますし、平成12~15年あたりのヴィッツ、ファンカーゴ、bB、イストも同様に高額査定が期待されます。これらはほんの一例ですが、トヨタ車はもちろん、日産車やホンダ車、マツダ車ほぼ全メーカーの車が海外の各国で輸出されているのです。

 

車の処分を買取してもらうには沖縄県内の業者にだけ頼らずに、全国展開している買取業者や、輸出業者に査定してもらうことがおすすめです。

ページの先頭へ