軽自動車を廃車する際の書類の書き方は?

軽自動車の廃車の書類の書き方

軽自動車を廃車する際に行う手続きは一時抹消と解体抹消の2種類あります。

 

それぞれ廃車手続きの意味と手順が異なりますので注意して行ってください。

 

まずは一時抹消の手続きと書類の書き方を説明します。

一時抹消はその名の通り、一時的に行う廃車手続きです。

 

一時的とは車は保有しつつ、ナンバーだけを返納することです。

 

中古車販売店に多い手続きの方法ですが、個人の方でも車検に通す余裕がない人や旧車など複数台所有している人なども一時抹消の手続きを行い、再度復活させることが出来る方法です。

 

一時抹消をすることで、自動車税など車にかかる維持費をストップさせることが出来ます。

 

もちろん車検やナンバーはついていませんので公道では走行することはできません!

 

必要な書類は軽4号様式です。
軽4号様式の記入例

 

次に解体抹消の書類の書き方です。

解体抹消は車を廃車処分や解体、スクラップ処理をしたのちに行う手続きです。

 

軽自動車を廃車してもらった業者より、作業完了後に解体通知書が送られてきますので、その解体番号と車検が残っていたのであれば還付金の振込先を下記の軽4号の3へそれぞれ記入します。

軽4号様式の3の記入例

解体通知番号についてはコチラから

住所コードの調べ方はコチラから

 

以上廃車の手続きに必要な種類は軽4号様式または軽4号様式の3以外に用意するものは認印、解体通知書(解体の場合)、振込先(解体の場合)のみで行えます。

 

印鑑証明や住民票などは必要ありませんが、所有権が付いている場合は所有者の印鑑証明や委任状が必要になるケースもありますので事前に確認しましょう。

ページの先頭へ