事故や故障で動かない場合どうしたらいい?

動かない車を査定してもらう

動かない車、動かせない車の原因はなんでしょうか?

 

 

  • 事故で走行ができない。

 

  • 故障でエンジンがかからない、途中で止まる。

 

こういった理由であれば、仕方ありません。

 

また、修理代も高く、廃車するとしてもこの車を引き取りに来てもらわなければなりません。

 

イメージとしては引き取り料を払って、レッカー代を払って、廃車費用を払う。。。

一体いくらかかるのか考えるだけで気が引けます。

その為、処分せずにそのまま放置してしまう人が増えているんです。

 

では、それぞれの対処法と、どのようにお金をかけずに引き取りしてもらうかを解説していきましょう。

 

事故で動かない車の場合

車に事故は避けられないことでもあり、そのために自動車保険の加入は必要不可欠です。自動車保険は事故で生じた賠償責任を補てんしてもらえます。

 

この自動車保険に加入していることを前提に、事故を起こしてからのトラブルやその後の対処を解説しましょう。

 

車両保険に入ってなかったから、自分の車の修理代は自腹。。。

車両保険とは自動車保険の種類の事であり、車両保険または車対車に加入していないと自分の車の修理代は出ません。

また、レッカー費用やロードサービスの特約の有無も確認しましょう。加入していれば掛かったレッカー移動の費用は保健会社からでます。

車両保険には入っていてけど、50万円までしか出ないの。

修理代が70万円なので全損ですって。。。

車両保険に加入している場合、その掛け金が保険金の上限となります。修理代が保険の掛け金を上回ると全損査定となり、保険の掛け金しか出ません。

また、保険会社から支払われる保険金は修理のために使わかないといけない訳ではありません。保険金を今残っているローンの残債や次に買う車のための頭金に充てることも可能です。

 

まとめ

車両保険の加入の有無にかかわらず、その車の修理見積りが高額になり修理をしない場合は、まずその車の査定をすることです。

もちろん、修理工場ではなく事故現状の車を専門に買取してくれる業者に査定をしてもらうのです。

事故現状の買取業者は、修復目的や海外のバイヤー、部品取りなどを目的に買取しますので、廃車ではなく需要がある買取の査定をしてくれるのです。

 

故障により動かせない車の場合

故障にもいろいろ原因があります。

メンテナンス不良での故障や冠水、水没による故障。または過走行による寿命などさまざまです。

 

しかし、動かない事には変わりなく、修理が必要となります。高年式車や買って間もない故障であればディーラー保証やメーカー保証で直すことが出来ます。また冠水、水没による故障であれば車両保険の適用が出来ることもあります。それ以外の故障の場合は保証や保険の適用ができないため、その修理費用は自己負担となります。

 

では以下のケースではどのような対処法が的確なのか解説していきましょう♪

 

買ったばかりなのに壊れた。

 

新車であれば3年間のディーラー保証。5年間のメーカー保証が付いています。中古車でも初年度登録から3年または5年以内であれば適用できます。しかし保証書の名義が車検証の名義と一致しなければ適用外となります。

中古車であれば中古車販売店から購入時に付けられた保証がベースとなりますので、保証期間外や無保証であれば販売店とのお話合いとなるでしょう。

明らかに年式や走行距離から壊れるタイミングではないと思われるのであれば、走行管理システムを利用し、実走行距離を調べたほうが良いでしょう。

 

大雨で車が水に浸かっちゃって、エンジンがかからなくなりました。。。

 

冠水や水没による故障は、車両保険の適用ができます。事故の時と同様に、保険金額の設定までしか保険金は出ませんが、冠水や水没による故障はほとんどのケースで全損となります。また、車内に置いておいた荷物なども積載動産被害として30万円まで保険金がおりますので、保険会社に確認しましょう。

 

車が古くて寿命かしら。。。

 

まずは、故障の原因を調べ、見積りを出してもらいましょう。

数万円で直る修理や、その車に対して修理する価値があると判断できれば、直したほうが良いでしょう。

 

まとめ

故障の場合、負担金額が軽く済む場合があります。一度修理見積りを出してもらい、故障した現状の車の査定金額と照らし合わせ検討したほうがベストな判断が出来るはずです。

事故と同様に修理工場ではなく故障した現状の車を専門に買取してくれる業者に査定をしてもらいましょう。

故障車の現状の買取業者は、修復目的や海外のバイヤー、部品取りなどを目的に買取しますので、廃車ではなく需要がある買取の査定をしてくれるます。

 

それでも廃車という評価なら

修理目的や輸出、部品取りにも該当しないという判断であれば、資源のリサイクルとして買取してもらいましょう。

 

資源のリサイクルとは、金や鉄、銅、アルミ、プラスチックなどを再利用することです。車にはおおくの部品や素材からできており、その大部分がリサイクルとして再利用されるのです。

 

リサイクルとして買取してもらう場合、軽自動車でも1万円~2万円の買取相場があり、車のサイズや排気量が大きくなるにつれその買い取り価格は高額になります。

 

もちろん、引き取り料やレッカー費用など事務手数料が無料な業者をおすすめします。

 

動かない車は廃車しかない?

動かない車の故障の原因は?

ハリウッド映画のように長年放置された車をスパナ片手に何とか復活させるシーンを見て、『んな簡単に直るわけねーだろ!!』って思うんですね。

 

だって、バッテリーは完全に上がってるはずだし、電気系統の故障の場合部品を交換しないと絶対に直りませんよ。そんなスパナやレンチ一本で直ってしまっては整備工場も商売あがったりです。

さらに言えばエンジン回りの故障であれば、レンチも10mmから12mm、14mm、17mmが必要になります。

 

これは国産車の場合ですが外車も同様に複数のインチサイズの工具が必要になるはずです。また、プラグを外す工具も特殊だったり、ベルトも腐っちゃってる可能性大なわけです。

 

当然、オイル関係も酸化しまくって漏れているか適正値まで残ってないはずです。

 

とにかく、動かない車は何かしらの原因があり、その故障箇所の修理費用がどれくらいなのか探るべきでしょう。

 

動かない車の原因その① 

 

キーを回してもウンともスンとも音がしない。

 

バッテリー上がり、オルタネータの故障

 

動かない車の原因その② 

 

セルが回る音はするがエンジンがかからない。

 

セルモーターの故障、ベルトが切れている、燃料ポンプの故障、イグニッションコイルの故障、オーバーヒートによるエンジンの不具合

 

動かない車の原因その③ 

 

エンジンはかかるが進まない

 

ミッションの故障、プラグやコイルの劣化または故障

 

これらが動かない車の原因となる代表的な原因ですが、車には何百種類という部品がある為もしかするとヒューズが飛んだだけなんてこともあり得ます。ともかく、レッカー移動や出張で整備工場の人に見てもらうのが一番でしょう。

 

修理代が高くても売ることを考える

エンジンやミッションの故障であれば修理代金が数十万円を覚悟しなければなりません。電気系統やポンプ関係でも数万円の出費となり大きな痛手になるのは間違いありません。

 

中古車市場で人気がある車種でも動かない車となると商品価値はありません。その車の年式や車種によりますが、大半のひとはここで修理はせずに車を処分してもらおうと考えます。

 

例えば中古車市場の相場が100万円とし、修理代が50万円であれば買い取り額は差し引き50万円で買取は可能でしょう。

 

年式が古く、走行距離も多い、そろそろ買い替えを考えていた矢先に故障し動かなくなった車であれば、修理見積りを出さずに廃車するのではないでしょうか。

 

その判断は間違いではありませんが、部品取りや海外へ輸出することを考えれば数万円~十数万円で買取をしてもらうことはできますので、高く売ることを考えるべきです。

 

そして、部品取りや海外へ輸出する専門業者に査定してもらうことが前提となります。