軽自動車を廃車するのに委任状は必要?

軽自動車の廃車に委任状が必要なケース

軽自動車を廃車する際に、その車の名義人が自分でない場合は基本的に委任状が必要となります。

 

軽自動車を廃車してもらう業者や買取してもらう買取店から委任状と印鑑証明を求められるでしょう。

 

当然の事ですが、勝手に他人名義の車を売買することは犯罪となります。

 

しかし、軽自動車に限っては名義変更や廃車手続きを行う際に名義人の印鑑証明や委任状は必要ないため、実際には安易に名義変更が行えるのです。

 

これらを踏まえ、軽自動車の売買や廃車をする際には業者から本人確認や代行の場合は印鑑証明や委任状を求められることが必須となっているのです。

 

また、異なるケースもあります。

 

それは、所有者がクレジット会社やディーラーなど販売店の場合です。

 

その車をクレジットで購入した際は、所有権がクレジット会社やディーラー、販売店が名義人となります。

 

所有者がこれらの場合、クレジットを完済していれば完済証明をもとに所有権解除書類を発行してもらえます。

 

これが委任状の代わりとなるのです。

 

しかし、クレジットが完済していなければ所有権も解除されることが出来ない為、売買や名義変更または廃車手続きが行えないのです。