車検切れの車を買取りに出すには

車検が切れていたらどうなる?

当然車を運転することはできません。もしも車検切れの車を乗って運悪く警察に止められた場合以下の罰則が科せられます。

 

車検が切れた車を公道で走らせた場合(無車検車運行:道路運送車両法違反)

1.違反点数6点(前歴がない場合)
2.30日間の免許停止
3.6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

自賠責保険が切れている車を公道で走らせた場合(自動車損害賠償保障法違反)

1.違反点数6点(前歴がない場合)
2.1年以下の懲役または50万円以下の罰金

罰則の最大(車検切れの自賠責保険も切れた車を公道で走らせた場合)

1.違反点数12点(前歴がない場合)
2.90日間の免許停止
3.1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金

以上のように3通りの罰則が科せられますが、これは車検が切れていても自賠責保険は車検有効期限よりも一カ月多く有効期限がある為、このような内訳となります。自賠責保険が一カ月多く有効期限がある理由として、『うっかり車検が切れているのを忘れた』という人のために自賠責保険を残すと言われています。

 

また、車検は残っているが、自賠責保険が切れているという事例はほとんど聞きませんが、自賠責保険は保険会社との契約となりその契約を他人や他車に譲渡することはできます。これはそういった理由に起こりえる事です。

 

理由はともかく、車検切れの車を公道で運転すると重大な罰則が科せられるということです。

 

現在、全国の国道や県道に監視カメラが多く設置していますが、それらはスピード違反の監視のためだけでなく、車検切れや盗難車など犯罪にかかわる車をいち早く察知する為でもあるのです。車検切れの車を運転していて『パトカーや白バイに見つからなければいい』なんて甘い考えでは取り返しのつかないことになるのです。

 

車検切れの車を売りたい場合

車検切れの車を売る為に買取屋さんまで走る場合、運が良ければ捕まりません。が、その一店舗目の査定金額で満足する買取金額が出るでしょうか?もし出なければ次の買取屋さんまで運転しなければなりません。

 

その状況を踏まえて、買取屋さんは『車検が切れているから〇〇万円です。』とか『捕まったら売るどころか罰金を払わないといけません。』など弱みに付け込んだ営業トークをしてくるでしょう。

 

では、車検切れの車を公道で走らせるためには?
沖縄県内で最寄りの市町村役場で仮ナンバー(臨時運行ナンバー)を借りればよいのです。仮ナンバーは車検証と自賠責保険(運行期間内の有効期限があるもの)の原本を持って行けば750円で借りることが出来ます。詳しくはコチラ

ただし、有効期限は最長5日間となっていますので有効期限を過ぎたまま走行すると車検切れの車と同様に捕まっちゃいます。

 

いずれにせよ、短期間で決断しなければなりませんのでオススメはできませんね。。。

 

車検切れの車こそ出張買取を利用する

車検を通す気がなければ売るしかありません。そのまま放置してしまうと自動車税がかかり、無駄な駐車スペース、いたずらや犯罪に利用されるかもしれません。

 

そういう時こそ車買取一括査定サイトを利用するほかありません。複数の買取業者さんに査定してもらい、じっくり考えて納得できればお願いすると。

 

無駄な時間とお金や余計な神経を使わずに済みます。

 

車の状態によっては、廃車買取専門業者や事故車買取専門業者も紹介していますのでぜひ参考にご覧ください♪

ページの先頭へ