沖縄で廃車を高価買取してくれるとこはドコ?

沖縄で廃車を高価買取してもらうには

沖縄県で廃車や車の処分を考えている人へ、高価買取をしてくれる業者を紹介します。

 

車の状態により、その手順と方法が異なる為に売却先を間違えると逆に廃車代を取られることもあるので是非参考にしてください。

 

沖縄県の廃車買取りランキングはコチラから

 

沖縄県で廃車にかかる費用や料金はいくら

沖縄県で一般的に業者に廃車をしてもらう場合、廃車引き取り料金や処分料金という名目と抹消登録費用や名義変更費用として1万円~2万円ほど請求されることがあります。

 

しかし、このサイトでは廃車でも買取してもらうことを前提に廃車買取り業者を紹介するため一切お金をかけずに廃車する方法を紹介していきます。

 

もちろん、車の状態(事故や故障)により動かなくなった車でもレッカー費用や事務手数料を完全に無料でしてくれる業者を紹介していきます。

 

下取りの査定価格はいくら

車を売る際にまずはディーラーや中古車販売店で下取り査定または買取査定をしてもらうでしょう。

 

しかし、単に車だけを手放す場合は下取りではなく買取りとなります。

 

下取りの査定と買取りの査定の大きな違いは、次に購入する車の値引きが含まれていない為、査定金額だけを見ると下取の査定の方が高く見られがちですが実際のところ査定価格はほぼ変わらないのです。

 

では、実際に査定してもらった結果、査定価格が0円つまり廃車扱いされた車はそのお店での査定評価に過ぎず、廃車せずに他の業者に査定してもらうべきです!

 

廃車の買取り相場を知っておこう

廃車を買取る業者は様々な目的で買取をしてくれます。

海外へ輸出するため。

 

部品取りするため。

 

スクラップ(解体)するため。

これらが主な目的ですが、一般的なディーラーや中古車販売店とは業種が異なる為、廃車とはいえ買取が実現できるのです。

 

ではその廃車の買取り相場はいくらなのでしょうか?

 

まずは本当に査定価格が0円なのか、中古車として販売する価値がないのか知る必要があります。

 

年式が古いだけで車の状態は良い。

 

走行距離は多いが人気車である。

 

年式、走行距離は問題ないが人気がない車。

 

修復歴がある車。

これらに該当する車は下記のサイトより必要項目を入力するだけで全国の中古車相場を知ることが出来ます。


中古車市場の相場を見る≫≫≫

 

それでも、買取相場が0円の場合や低評価の場合は下記のサイトより上記同様に買取り相場を知ることが出来ます。

廃車の買取相場を見る≫≫≫

この↑サイトは輸出を主に行い、部品取りやスクラップそれぞれの買取り相場を提示してくれます。

沖縄のおすすめ廃車買取業者

おすすめの廃車買取業者を紹介するにあたり、車の状態によってお勧めする業者が異なります。

 

例えば外車のディーラーに国産軽自動車の査定をしてもらっても評価が低いのと同様に専門業者に専門分野の車を査定してもらうことが絶対条件となります。

 

①問題なく走行できる車だが低年式、過走行、不人気者、車検切れなどの車はコチラがおすすめ

 

②中古車でも人気はあるが、事故車、故障車、冠水車など修復が必要な車はコチラがおすすめ

①,②でも査定価格が出ない場合はコチラがおすすめ

廃車の手続きと必要な書類

廃車の手続きは一時抹消登録もしくは永久抹消登録といいます。

 

一時抹消と永久抹消の違いは一時抹消は再度登録できますが、永久抹消は解体を前提とした登録のため車を復活することができません。

 

では、それぞれの抹消方法と必要書類を解説していきます。

一時抹消登録の方法と必要書類

一時抹消登録は再度車を復活させるのを目的に抹消する方法です。

 

必要な書類は以下の通りです。

印鑑証明・・・1通

住民票・・・1通(車検証上の住所と現住所が異なる場合)
委任状・・・1部(業者や第三者に委託する場合)

譲渡証・・・1部(業者や他人に売却する場合)

 

永久抹消の方法と必要書類

永久抹消登録は解体またはスクラップ処分し、その車を再度使用しないことを目的とした抹消方法です。

 

必要な書類は以下の通りです。

印鑑証明・・・1通

住民票・・・1通(車検証上の住所と現住所が異なる場合)
委任状・・・1部(業者や第三者に委託する場合)

リサイクル番号・・・(解体後に業者から通知が来ます)

 

沖縄の陸運局

上記の手続きは沖縄県内の各管轄の陸運局にて手続きを行います。

沖縄総合事務局 陸運事務所
〒901-2134
沖縄県浦添市字港川512番地の4
050(5540)2091
管轄地域
那覇市 宜野湾市 浦添市 名護市 糸満市 沖縄市 豊見城市 うるま市 南城市 国頭郡 中頭郡 島尻郡

 

沖縄総合事務局 宮古運輸事務所
〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1037番地の1
050(5540)2092
管轄地域
宮古島市 宮古郡

 

沖縄総合事務局 八重山運輸事務所

〒907-0002
沖縄県石垣市字真栄里863番地15
050(5540)2093
管轄地域
石垣市 八重山郡

廃車による還付金について

 自動車税の還付金について

自動車税の還付は一時抹消、永久抹消ともに還付申請ができます。

 

抹消手続き後、管轄の税務署(自動車税課)にて受付してもらえます。

 

必要書類は、抹消謄本(車検証コピー可)印鑑、身分証明(免許証など)を持参のうえ下記書類に記入の上申請しましょう。

 

郵送でも受け付けをしてくれる場合もありますので、お時間がない人は問い合わせてみましょう。

 

自動車税に関するお問い合わせ先、相談窓口

那覇市、浦添市、糸満市、豊見城市、南城市、西原町、与那原町、南風原町、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、久米島町、八重瀬町 那覇県税事務所
宜野湾市、沖縄市、うるま市、読谷村、嘉手納町、北谷町、北中城村、中城村 コザ県税事務所
名護市、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、伊江村、伊平屋村、伊是名村 名護県税事務所
宮古島市、多良間村 宮古事務所県税課
石垣市、竹富町、与那国町 八重山事務所県税課

※軽自動車税はお住いの市町村役場です。

 

重量税の還付金について

廃車した車(永久抹消のみ)に車検が1か月以上残っていた場合は重量税の還付申請ができます。

 

重量税は車検時に収める税金ですが、収めた金額を車検月数(普通車であれば24か月、商用車であれば12か月)で割り、車検の残り月数を掛けることで算出できます。

 

申請方法は、永久抹消の手続きの際にマークシートに振込先を記入するだけで完了します。

 

後日、国税局より還付金の通知が来て、振込先へ入金されます。

 

自賠責保険の還付金について

自賠責保険は重量税と同様に、車検時に収める強制保険のことです。収めた先は損保会社になります。

 

一時抹消、永久抹消ともに申請が行えます。

 

申請方法は、抹消謄本(車検証原本)と自賠責保険証原本と身分証、印鑑(認印可)を持参のうえ最寄りの保険会社の営業所で申請を行いますが、郵送でも可能です。

 

還付される金額については、保険会社が算出する金額となりますので、電話などで確認しましょう。

ページの先頭へ