エンジンオイルの状態で査定は変わる

エンジンオイルはまめに交換しましょう

エンジンオイルは自動車のコンディションにとって非常に重要なものです。エンジン内の潤滑やクリーニング効果、冷却効果また燃費にも影響します。

 

カーショップなどでは1000円ほどで交換ができますので、『時間がない』『面倒臭い』などを理由にメンテナンスをさぼってしまうと車の故障どころか、買取査定にも響いてきます。

 

実際に、その車を買取に出す場合、査定士は当然車の機関部分にも目を光らせます。内外装がキレイでも車は走らなければ何の意味もありません。

 

エンジンオイルはそのバロメーターでもあります。走行距離が多くてもオイルがキレイであれば『ちゃんとメンテナンスをしていた人だ』と安心して買取できます。しかし、走行距離が少ないのにオイルはドロドロで真っ黒であれば買取業者は不安で仕方ありません。

 

買取業者はその車の最悪の事を想定し、修理費や修繕費を計算したうえで通常の買い取り価格から差し引くことになります。1000円ぽっちをケチったおかげで数万円のダウン査定ということもあるのです。

 

エンジンの故障はエンジンオイルのメンテナンス不良

エンジンオイルはエンジン内部の通り道を流れていきます。オイル交換を怠るとエンジン内部の汚れが通り道に詰まり出し、オイルが流れていかなくなりオーバーヒートを起こします。

また、カムシャフトやバルブ、ピストンなどが熱により変形や膨張を起こし、『ガラガラガラ!!』とひどく大きな音でエンジンを痛めてしまいます。

 

そうなると修理は不可能でエンジンの載せ替えしかありません。もちろん買取も不可能でしょう。

 

そうなる前に、エンジンルームを開けてゲージのチェックだけでもしたほうがいいです。

 

また、作業スペースや工具類が揃っていれば自分ですることも可能です。(自己責任)

 

作業工程の動画はコチラ⇩

 

是非参考にしてみてください♪