軽自動車を廃車買取する方法

軽自動車を廃車買取する方法

軽自動車を廃車買取する場合、大半の人は業者に頼んで廃車してもらうでしょうね。

 

 

でも、どこに頼めばいいのかわからない。。。とか、極力お金をかけたくない。。。とか、もしかしたらまだ売れるんじゃね??とか疑問や悩みを抱えてる人が多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、廃車する前にそのモヤモヤをスッキリさせて廃車する方法を解説していきましょう♪

 

 

まず、買取や下取りに出したけれど査定価格が0円だったり、廃車という残念な評価だった場合は、諦めずに専門業者に査定の依頼をしましょう。

 

 

もちろん、買取店やディーラー、中古車屋さんも専門業者ですが、ここでは廃車を専門に買い取る業者を紹介します。

廃車といってもその後のルートは様々です。

 

 

例えば、日本国内では中古車として売れなくても、海外では十分販売ができる車種だってあるんです。

 

 

現在ではインド、スリランカ、南米、アフリカなど多くの国々で日本の軽自動車が取引されているんです。

 

 

いわいる、輸出車として買取されるわけです。

 

 

輸出される軽自動車は、内外装の状態や走行距離は全くと言っていいほど関係ないんです。

 

 

ボロボロの事故車で20万km走っている軽自動車でも買取が可能です。

 

 

でも、年式が最重要となるんです。

 

 

その条件さえクリアできれば、数十万円で買取が可能ってことも十分あり得るんですねー。

 

 

しかし、その条件に当てはまらなかった場合は、解体業者へ査定してもらいます。

 

 

解体と聞くとまさに廃車となるイメージですが、ここでは部品をリサイクルするための解体という意味です。

 

 

国内の軽自動車の登録台数は年々増加傾向にあり、主にセカンドカーや社用車、免許取りたてのデビューカーなど非常に高いニーズなんですね。

 

 

その為、故障や事故などによる修理に使う中古が少なすぎるんです。ということは廃車評価だった軽自動車でも部品をばら売りすることで買取が可能ってわけなんです。

 

 

それでも査定価格に満足できない場合は資源として買取してもらいましょう。

 

 

自動車の部品は主に鉄、アルミ、銅、金などによりできています。軽自動車だからと言っても重量は1トン近くあるわけです。

 

 

特にマフラーの触媒にあたる部品はレアアースからできており大変貴重な資源なんです。

 

 

資源の再利用を目的とした買取業者に買取してもらいましょう♪

タグ: 

カテゴリ:軽自動車について 

ページの先頭へ