車で事故を起こしたら

事故を起こしたらまずすること

車に事故は付き物です。事故と言っても3通りあります。

①人身事故

②対物事故

③自損事故

それぞれの事故によりその時に対処とその後の対応が異なりますのでひとつづつ解説していきましょう。

 

人身事故の場合

人身事故とは人に対して事故を起こしてしまったことです。②の車同士の事故でも同じことは言えますが、人身事故の場合過失割合はどんな理由であれ車側が10割過失がある為、治療費や慰謝料などの賠償責任が問われます。

 

では、事故を起こしたらまずすべきことは、警察を呼びましょう。そして被害者のケガや意識を確認して必要に応じ救急車を呼びましょう。その後に加入している保険会社に連絡です。

 

出来ればその場の状況を事細かな状況を写真に収めましょう。人身事故の場合、治療費や慰謝料を請求されることは間違いありません。その場合少しでも状況証拠があれば減額も検討できるはずです。そして、被害者の人に『今後は保険会社から連絡が入る』と伝え、連絡先と住所、氏名を聞きましょう。できるなら身分証明で確認させてもらいましょう。

 

事故現場の処理が終わったら、警察へ出頭しなければなりません。『時間がない、忙しい』などの言い訳はこの状況では通じませんし、相手に対して悪影響をもたらすため素直に応じましょう。出頭後、事故の状況などにより罰金や減点などの説明があります。

 

事故後、できれば当日の夜または翌日の午前中に『お詫びを兼ねて保険会社からの電話の確認のため』一本電話を入れたほうが良いでしょう。そうすることで印象がずいぶん変わるはずです。

 

あとの治療費や慰謝料などは保険会社にお任せすれば大丈夫です。

対物事故の場合

対物事故で多いのが、車同士の事故です。車同士の事故であれば、双方に過失の割合が生じます。

 

事故を起こしたらまずするべきことは人身事故同様にすぐに警察を呼びましょう。人身事故と違って相手によっては示談で済ませ、修理費用を払わずに逃げることも考えられますので必ず警察を呼びましょう。

 

その後すぐに保険会社に連絡して事故の状況を出来るだけ細かに説明しましょう。ここで注意したいのが、ほとんどのケースで数日後に保険会社同士の話し合いの中で言い分が違ってくることです。双方が少しでも過失割合を減らそうという気持ちが働くため、事故状況を事前に説明し、記録を残してもらうことが必要となります。また、損害箇所の写真を残しておくのも大事です。

 

その後、損害については、駐停車中の車に接触した場合は10割の過失となり、相手の修理や損害費用を全額負担しなければなりません。お互いが走行中の事故であれば状況によってそれぞれに過失の割合があてられます。

 

当時の事故状況により保険会社同士で過失割合を決定します。

 

自分が3割、相手が7割過失がある事故の場合。

自分の損害費用を相手に7割負担してもらい、相手の損害費用を3割負担する。となります。

 

自損事故の場合

自損事故は対物事故とほぼ同じ処理になりますが、事故の相手がガードレールや電柱、民家の壁など相手が車以外で運転ミスなどに多い事故です。

 

対物保険に加入していれば相手の損害賠償は保険会社で賄えますが、自分の車の修理費用については、車両保険に加入してないと修理費用が出ません。物損事故も同様に相手の車の損害賠償は賄えますが、自分の車の修理代は過失割合で充てられた相手からの分しか出ません。

 

事故のまとめ

交通事故では事故の状況により免許の点数や罰金などが科せられます。

 

飲酒運転や免停中など警察沙汰になると困るという身勝手な理由でその場から逃げるという事件も多発しています。しかし、現場の状況や最近ではドライブレコーダーの普及により逃げることはできません。

 

また、車検切れや任意保険の未加入という非常識なユーザーも少なくありません。それらの事故を賄うための保険の特約もありますので契約の見直しや再確認をする必要もあります。

 

 

タグ: 

カテゴリ:Q&A 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ