沖縄県で廃車のかかる費用

沖縄県で廃車する際の費用はいくら?

車を廃車処分する際にかかる費用は廃車手続き(抹消登録)と車を引き取ってもらうための費用が掛かります。それらの手続きを業者に頼む場合、廃車処分料と廃車手続き料(抹消登録)で30000円が相場です。しかし、このサイトでは廃車を処分してもらうのではなく買い取ってもらう方法を多く記述していますので、実質には費用はかかりません。もちろん廃車手続き(抹消登録)の費用もタダでしてもらい、動かない車でもレッカー費用を掛けずに買い取ってもらいますので、一切お金はかかりません。

 

ただし、長年放置している車や、車検が切れたままの車、また乗るかもしれない車などをそのままにしておくと、当然自動車税が掛かる為、一旦は抹消登録をしたほうがよいでしょう。抹消登録には一時抹消と永久抹消の2つ種類があり、一時抹消は再度登録することが出来る為、自動車税や任意保険の支払いを一旦ストップすることが出来ます。『また乗るかもしれない』という方にはこの一時抹消の手続きをおすすめします。

 

また、永久抹消は車を廃車し、再度車の登録をしないときの手続きの方法です。車を解体する際に移動報告番号というのが発行されます。いわいる解体処理が完了したという番号です。この番号は永久抹消する際に必要となり、車検が残っていれば重量税の還付を受け取ることが出来ます。

 

いずれもこれらの手続きを自分でする際にかかる費用は印紙代の350円ほどで済みます。近くの車屋さんやディーラーさんなどに依頼すると、おおよそ10000円~20000円ほど掛かるでしょう。『ぼったくり!!』と思う人も多いでしょうが、実際に陸運局に足を運んで書類の作成、手続きにかかる時間などを考えると、仕方ないかもしれません。特に年度末や決算時期になると陸運局の中は名義変更や車検手続きで来る人達でごった返し、通常の2倍~3倍の時間を費やします。

 

つまり、一時抹消をお考えの人は月初を狙って、自分で手続きをしたほうが費用も安く済みます。どうしても自分でする時間がない人は、陸運局内に行政書士の方々がいますので良心的な価格(おおよそ5000円)で手続きを代行してくれるでしょう。車を廃車する場合は買取してもらう業者さんにしてもらいましょう。

 

廃車の手続きの方法はコチラ

カテゴリ:手続きについて 

ページの先頭へ