沖縄県で廃車を高価買取してもらうポイント

沖縄の廃車買取事情

沖縄県は他県と土地柄を比べると年中海風にさらされ、気温が高く、台風被害が最も多い地域と言えます。

 

このような気候の地域ではまず、塗装が非常に痛みやすく、サビによるボディの腐食も進みやすいのです。

 

普段開けることのないエンジンルームも数年ぶりに開いてみるとあちこちがサビによる腐食が進んでいたりします。

 

例えば、ラジエータなどのホースをつなぐ金具や各部品を接続しているネジなどは特に傷みやすく、その影響で部品のガタツキや脱落など修理に数万円かかることもあります。

 

全国的に中古車の買取相場をみても車の状態が良いことが前提となり、こういったサビによるボディの腐食やパーツの劣化は致命的となります。

 

状態が良ければ数十万円の価値がある車でも、沖縄県の車ではガクンと査定価格が下がることも珍しくありません。中古車業界では沖縄ナンバーの車はレンタカーあがりかサビ被害の車というイメージが強く、買取にも積極的ではありません。

 

錆びた車

 

廃車として買取してもらうには

中古車として商品価値がない場合や、商品化するまでの修繕費が高い場合は一般の買取価格は0円に等しくなります。

 

車の状態も含めて走行距離が多い車、事故車や故障車などは廃車扱いとなるケースが多いでしょう。

 

そういった廃車を専門に買取してくれる業者もここ数年急増していますが、それら業者も様々です。

 

というのも、海外へ輸出するルートを持った業者は需要がある車に関しては、ほぼほぼどんな状態でも買取してくれますし、高価買取が期待できます。

 

また、解体やスクラップ目的で買取を行う業者は、その車の部品をバラ売りしたり、鉄、アルミ、プラスチックなどに分類し再資源として買取を行います。

 

沖縄県では軽自動車の登録台数が比較的多いため、国内の中古車市場に見合ってはいますが、海外に目を向けるとインドやスリランカなど東南アジアで人気が高騰しているのです。

 

もちろん普通車でもアフリカやヨーロッパ、南米などに多種多様、輸出されていますので廃車を高価買取してもらう方法としてはまずは海外に目を向けるとイイでしょう。

 

海外で走る日本車

海外で走る日本車

 

海外に車を売るには

海外に車を輸出する方法としては、自分で行うには至難の業です。

 

上記で解説したように、輸出を専門とする業者に査定の依頼をすることです。

 

そこでは、まず車種と年式が一番重要となります。その次に車の状態や仕様が評価の上下につながります。

 

殆どと言っていいほど走行距離や事故歴は関係ありません。また、内外装の汚れや傷などは気にしなくてよいのです。

 

沖縄県の廃車買取りランキングはコチラ→

 

 

 

カテゴリ:沖縄 廃車 

沖縄で軽自動車を廃車する場合

軽自動車を廃車する場合

沖縄で軽自動車の保有率は全国でなんと一位なんです。それほど沖縄で軽自動車が売れているのに廃車にするのはもったいない話です。

 

沖縄に限らず全国的に軽自動車の中古車相場は高く、新車価格からの値落ち率を見ても非常に低いことが分かります。例えば、5年落ちのワゴンR FX(走行5万km)の相場は約80万円です。この車の当時の新車価格は約120万円です。ということは33%しか値が落ちていないということです。これに対し普通車であるヴィッツは新車価格約140万円、中古車相場60万円ですが、約58%も落ちています。

 

このように軽自動車の需要は高く、経済的にも良い為に中古車市場でも大変人気が高く、相場が高いことが分かります。

 

しかし、年式が古すぎる軽自動車や走行距離が多すぎる軽自動車、事故や故障により動かない軽自動車はやはり中古車市場では売ることが出来ないために査定の対象外となり廃車扱いされることでしょう。ただこれは、その車に合った業者に査定をしてもらえてないだけなのです。

 

沖縄県で軽自動車が人気の理由はいくつかありますが、その代表的な理由は

①交通事情が悪いため、車が必要。

②レンタカーとして使用されている。

 

①に関しては一家に一台というよりは一人一台という傾向にある為、自動車税が安く、燃費が良い軽自動車が選ばれています。

②のレンタカーは沖縄県では観光客が非常に多く、レンタカーを借りる人がほとんどです。2~3人の観光客であれば大きな車よりもコンパクトな軽自動車で十分役に立つため軽自動車が支持されています。

 

沖縄県からインドへ輸出される軽自動車

今現在、インドでは日本の軽自動車が大変人気があります。

インドは今、自動車産業が盛んであり、自動車の保有率も年々増加傾向にあります。TVなどでよく超満員電車の映像を見たことはありませんか?実は電車マナーよりも交通マナーもあまりよくないんです。画像のように車線なんか関係なくトラブルが絶えません。。。

 

それはさておき、そんな自動車産業が盛んなインドで日本の軽自動車が多く輸出されている車のほとんどが日本で査定価格0円の軽自動車なんです。というのも、インドの方々は自動車を購入するということは大変なことであり、経済的負担も大きなことなんです。ですから、日本の中古の軽自動車を少しでも安く購入するために国内で価値がなくなった軽自動車に目を付けたということなんです。また、事故や故障で廃車扱いされた軽自動車はそれらの部品取り車として同様に輸出されるのです。

カテゴリ:沖縄 廃車 

沖縄で廃車を売る手順と方法

沖縄で廃車を高く売るには

すでに下取査定や買取価格が廃車(0円)という評価の結果が出た場合、それはズバリ査定をしてもらう業者や地域が間違っています

 

例えば、外車のディーラに国産の軽自動車を査定してもらいに行っても、おそらく見向きもされないでしょう。

 

また、沖縄県と北海道では売れる車が異なり、査定金額も大幅に変わります。

 

同じように、年式が古い、走行距離が多い、事故や故障で動かない車は沖縄の中古車販売店やディーラーで下取りしてもらっても0円評価となります。

 

つまり、商品価値がないと判断されれば査定すらしてもらえず、即答で廃車扱いされます。

 

本当にこの車は売れないのかな~?

壊れているから廃車してもらおう

 

廃車の費用が3万円もかかるのか・・・

そこで、すでに『予想以下の査定結果を受けて廃車をお考えの人』や『思い込みで廃車をお考えの人』に車を高く売る方法と手順を解説していきましょう。

 

ポイント①・・・査定をしてもらう前に相場を知っておく。

 

相場を知っておくことで、希望金額の設定が出来ます。買取業者に無茶な金額を提示すると『これ以上の話はできない』と判断されかねません。相場よりも10万円ほど上から交渉すと良いでしょう。

ポイント②・・・複数の大手買取業者に査定してもらう

 

地元や近隣のディーラーや中古車販売店はその地域の相場で査定価格を出します。しかし、全国的にはその車を欲しがっているお客さんがいるかもしれません。大手ならではのネットワークと査定方法で複数の大手買取業者を競合させましょう。

ポイント③・・・専門の業者を選ぶ

 

国内で人気がなくても、海外で人気がある日本車はたくさんあります。それは年式が古くても、走行距離が多くても、事故や故障で動かなくても関係ありません。平成元年式のカローラなんて驚くほど値が付くこともあるんです。

沖縄で車を高く売る手順

以上のように、沖縄で廃車と評価されても正しい手順を踏むだけで大幅に査定金額が変わります。

相場を知っておく

車の相場を知る方法として【車査定・買取の窓口見積もり】というサイトをおすすめします。

 

複数の業者より査定結果を集計し、最高金額を提示した1社のみを厳選し、その金額をお知らせするというサイトです。

 

何社からもジャンジャン電話が入るわけではありませんので相場を知りたい場合にオススメです。

 

 

大手買取業者で競合させる

全国的に展開している大手買取業者のみが参入している【カービュー】で査定価格を競合させます。

 

地元の業者からの査定価格と全国的の査定価格がここで比較できます。『○○県にお客さんがいます!』という情報も大手だから出来ることです。

 

また、これらの業者はお客さんの情報だけでなく、オートオークションと提携しているため情報量はハンパではありません。

 

carview

 

海外の輸出価格を知る

主に、海外へ輸出をしている【カーネクスト】は年式が古い、走行距離が多い、事故や故障で動かない車をメインに買取しています。

 

もちろん買取保証つき(0円査定はありません)。動かない車でも無料でレッカー引き取りしてくれます。事務手数料もタダでしてくれます。

 

廃車するのにお金が掛かる時代はとっくに終わっているんです。

 

 

 

まとめ

大きく分けて3つの業者から、多くの人は沖縄の地元買取業者のみ査定をしてもらい、他県や海外でもっと高く売れることを知らずに売却している人がほとんどなのです。

 

 

上記のポイントを踏まえ、3つのサイトから相場を調べるだけで、簡単に最高金額を叩き出すことは出来るんです。

それぞれが違う査定方法と相場情報を持っているため地元⇒全国⇒海外という査定の手順を取れば必ず今までの査定評価より満足いくはずです。

 

そして私が厳選した3つのサイトであれば、しつこい営業や電話などは無い為、女性の方でも気軽に利用できるはずです。ぜひ利用してみてください!

カテゴリ:沖縄 廃車 

沖縄での下取りと買取りの違い

下取りと買取りの違いとは

沖縄に限らず、車を売る際に、よく下取りとか買取りとか耳にしますよね。この下取りと買取りの違いってご存知ですか?

 

その名の通り、沖縄で車を買い替えるときに同時に車を引き取ってもらうことを下取り。車だけ引き取ってもらうことを買取りといいます。しかし、違いはそれだけでなく引き取ってもらう際の査定金額に大きな差があるんです。

下取りと買取りってどっちが高く買い取ってもらえるの?

ズバリ買取りです。

 

沖縄の新車販売店のディーラーさんや中古車販売店さんは下取りで入庫した車をそのまま店頭で販売することはほとんどありません。その理由は、お客さんが点検や整備などでそのディーラーさんや中古車販売店さんに足を運ぶことがあります。その時に今まで乗っていた車が展示されてプライスをみたら気を悪くするかもしれないからです。

 

ではディーラさんや中古車販売店さんは下取りした車をどうするのでしょうか。それはすぐにオートオークションへ出品します。オークションは出品する際に陸送代や出品料など経費が掛かります。その為オークション相場よりも数万円~数十万円安く査定金額を提示するのです。また、新たに購入する車の値引きと下取り価格を合算して提示されるため明確な下取り価格や値引き金額が分からない場合が多いのです。

 

しかも、それが1店舗目であればなおさら言えることです。購入時に何店舗も回って下取り価格を提示されているのであれば、おおよその下取り価格が分かってくるでしょう。そうなると、下取り価格よりも購入する車の方にばかり目がいき、下取り価格の価値なんてどうでもよくなる人が多いのです。

 

買取店の方が査定価格が高いわけ

買取店は車を買い取るだけなのになぜ下取り価格より高いのでしょうか。

 

買取店は全国のネットワークを利用してその車の買い手を探します。また、オークション会場と提携している買取業者も多いため、リアルタイムの買取相場を把握しているのです。

 

その為ディーラーや中古車店よりも素早く転売することができ、オークションに出品する際にかかるコストを抑えることが出来るため下取りよりも買取りの方が高いというわけです。

 

過走行車や事故車でも買取りできるの?

一般的に10年落ちや10万km以上走った車、事故車は買取りできないのは大きな間違いです。

 

国内の中古車市場では10年落ち、10万km以上走った車、事故歴アリの車でも格安ながら販売されており、実際に需要も高いのが現状です。それらの車を専門的に扱う販売店も増えています。

 

また、国内だけでなく海外でも日本車の人気が高く、内外装の程度は関係なく、走行距離や事故歴なんかも全くと言って関係ありません。年式に関しても逆に新しい車の方が関税にかかる費用が高いため年式が低いほど好まれるのです。

 

 

 

買取りに出す際のまとめ

実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も沖縄で下取りの売却査定の際にくまなくチェックされるものです。見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで買取額でその修理費の元がとれることはまずないと考えて良いでしょう。

 

業者は大量発注で安い費用で修理できますし、あえて傷ごと業者に委ねた方がトータルでプラスになります。チャイルドシートを設置している沖縄で買取りを処分しようと思ったら、実沖縄で買取り査定前に撤去しておきましょう。沖縄で下取りの査定は沖縄で買取り本体が対象であってチャイルドシートの有無は加点される項目ではありません。しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは中古でも人気が高い品物ですから、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそこそこ良い価格がつきます。特に人気の高いブランド商品なら驚くほど高値で取引されていることもある位です。一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

 

その一方で、沖縄で買取りを買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特に確認するのを怠りがちですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをしっかり確認しておきましょう。査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。査定士に買取対象となる沖縄で買取りを直接見てもらうなら、買取業者のところに沖縄で買取りで行くのではなくて、先方からこちらへ出張してもらうことも可能です。たいていの業者というのは訪問査定には無料で対応してくれます。ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、各社同時に査定ということもできないわけではありません。

 

複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、高額な査定結果を得やすいという利点があります。沖縄で買取り買取り業者に査定を頼む際には、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。ただ、業者が決まって売却するにあたっては、必要な書類はひとつやふたつではありません。普通乗用沖縄で買取りであれば印鑑証明書が必須ですし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。沖縄で買取りを売る気持ちが固まったら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

カテゴリ:沖縄 廃車 

ページの先頭へ