那覇市で廃車をする場合

那覇市で廃車手続きをするには

那覇市は沖縄県の中心都市であり人口も県内で一番多く、増加傾向にあります。そんな那覇市では自動車保有率も高く、自動車販売店も多いのです。

 

那覇市で自動車を手放す場合や廃車する場合は抹消手続きが必要となります。

 

車屋さんなどの業者に依頼すれば楽ですが、手続きの費用だけで1万円以上かかることもあります。

 

実は廃車の手続きは数百円でできて一時間ほどで出来るんです。

 

では、その廃車手続きの方法を解説していきます。

 

廃車の手続きを行う場所

まず、那覇市で廃車手続きを行う場合は那覇市の管轄である陸運局で行います。

 

901-2134

050(5540)2091

 

廃車手続きで用意するもの

印鑑証明

住民票(車検証と現住所が異なる場合)

実印

車検証

ナンバー(前後2枚)

 

これらを陸運局に持っていき、手数料納付書に印紙(350円)を貼り、ナンバーを窓口に返納します。

 

次にマークシートの必要項目に記入と捺印(実印)をして窓口に車検証と一緒に提出します。

 

あとは待つだけです。

 

たったこれだけで廃車手続きができるんです!

 

もしも車検が一カ月以上残っているのであれば重量税の還付が受けれますので忘れずに申請しましょう。(マークシートに記入欄あり)

 

廃車で戻ってくるお金

廃車を行う際に車検が一カ月以上残っていれば還付金の申請ができます。重量税は廃車手続きと同時に申請できますがその他はそれぞれの事務所で行われますので一つづつ解説していきます。

 

自動車税の還付

自動車税は沖縄の県税となり、年度初めに先払いという形で納税しますので、年度末(3月)までに廃車手続きを行えば残りの月数分が返金されます。

 

還付申請を行う場所

自動車税は沖縄県の県税事務所から納付書が送られてくるため、還付申請など税金に関わるものはすべて沖縄県県税事務所で行います。

 

那覇市の場合は那覇県税事務所になります。

 

 

用意するもの

車検証(抹消済のもの)

身分証明

印鑑(認印可)

 

これらをもって、自動車税の担当部署に行き、『廃車したので還付申請をしたい』といえば、数分で手続きは終わります。返金の手順は後日、銀行振り込みまたは、払い戻しの通知が届くので記載されている銀行で返金されます。

 

自賠責保険の還付の方法

自動車には必ず自賠責保険が付随されています。自賠責保険は車検を受けるときに収める保険料で、一般的には強制保険と言われています。

 

その自賠責保険料はそれぞれの保険会社に加入していますので、自賠責保険の証書の左下に保険会社が記載されています。

 

記載されているコールセンターへ連絡をして自賠責保険の解約の方法を聞くことができます。

 

郵送で手続きを行うこともできますが、各県に支店がありますので、出向いて解約の手続きを行うことも可能です。直接支店へ出向いたほうが最短で返金処理を行うことができるでしょう。

 

用意するもの

車検証(抹消済みのもの)

印鑑

身分証明

 

自賠責保険の返金は銀行振り込みとなりますので、指定の振込先も必要です。手続きが完了すれば一カ月以内には振り込みがなされます。

 

まとめ

廃車した車の手続きは面倒と思われがちですが、数百円で手続きができて、思わぬ還付金や返金額が戻ってくることもしらない人が多いのです。

 

大きな出費やもらえるはずの返金額を確実にするために行う手続きとなりますので、面倒臭がらずやってみてはいかがでしょうか?