ガラス修理と廃車 どちらが正解?

意外と高いガラス修理

エンジンやミッションンの故障の場合、修理代金も高額となり見積書を見た瞬間に『廃車にしようと』あきらめがつくかもしれません。

 

また、大きな事故や大雨による冠水なども保険会社が全損(廃車)という判断をすることが多いので後悔することもないでしょう。

 

しかし、車検がたっぷり残っている状態やきっちり整備や修理をした矢先の故障の場合は正しい判断がしにくいことが多いのです。

 

例えば、『これが最後の車検』と整備費用もそれなりにかけて『車検が切れたら買い換えよう』と車検から帰ってきた車が事故を起こすとか。。。

 

保険で何とか賄える範囲であればいいのでしょうが、古い車になれば修理見積りに満たない金額で全損扱いされることもあります。

 

車の部品は走行に重要な部品になればなるほど高くなります。修理に関しても同じことが言えます。では、最も判断がしづらく査定価格に影響を受ける修理内容をお答えします。

 

それは、フロントガラスの修理です。

 

飛び石の修理でだと1万円ほどでできます。修理時間も2~3時間ほどでできますし、出張修理してくれる業者も多いので助かります。

 

ただし、修理ができないほどのヒビやキズの深さであればガラスごと交換しなければなりません。そうなると非常に厄介です。フロントガラスの部品だけでも10万円ほどかかり、さらに工賃が数万円。作業時間や接着剤が固まるまで丸々1日と費用も時間もかかります。

 

この場合、車両保険で適用されることもありますが、翌年から保険料が割り増しされます。

 

保険料の割り増し分のデメリットと現状の買い取り価格の比較を比べ、さらに買い取りの際に戻ってくる車検費用(自重量税・自賠責・自動車税)これらを勘定したうえで判断したほうが正しいといえます。

 

 

高齢者ドライバーの事故について考える

近年増加傾向の高齢者による交通事故

連日ニュースで見かける高齢者ドライバーによる交通事故について、免許証返納を求める意見が多い中、やはり高齢者ドライバーが多いのが現状です。地域によっては交通の便が悪く車がないと生活に支障をきたす人も多く、ただ高齢者に免許返納を求めるのは不自然な気がする。

 

確かにとっさの反応に衰えを感じたり、足腰に不安を抱える人たちには極力運転は控えてもらいたいが、運転免許証を持っている全年齢の老若男女に言えることと思う。高齢者に対しては失礼ながら意見を言わせてもらうと、免許更新期間の短縮。自動車購入時の適性検査。自動車保険料の見直し。これらしか思い浮かばないのが正直な意見です。

 

今まで自動車産業が日本経済を支えてきたといっても過言ではない。その自動車産業を盛り上げてきたのが今の第一次ベビーブームである高齢者さんいわいる団塊の世代たちであると思う。その団塊の世代さんたちが定年を迎えこのような形で社会から冷ややかな目で見られるのは何とも心苦しい気持でもある。

 

第二次ベビーブームの現40代の方々も同様なことが言えると思う。高齢者ばかりが目立ち、ニュースのネタになっているが若者による煽り運転やペーパードライバーの周りが見えなくなる運転も同様に問題であると考える。

 

20代・30代の自動車離れが加速する中で自動車業界もレンタカーやカーシェアリングなど様々な方法で登録台数を伸ばしています。交通量が増えるのと事故率は比例し、エアバックやABSなどドライバーに対しての安全装備は増えるものの対人・対物に対しての安全装置はなかなか難しい問題である。

 

保険で賄えばいい・保険に加入していればいいという問題ではなく、いまだ減らない飲酒運転・煽り運転・スマホなどのながら運転は絶対にやってはいけないことである。

 

この先、自動車業界・損保業界は今までと違った技術やサービスを提供してくれると信じている。一方、免許取得、更新や交通規制を管理するのは国の役割であるため罰則だけを強化するのではなく根本から考えてほしいと強く思う。

走行中にゴツンと何かに乗り上げた

衝撃後しばらくするとエンジンが止まった

大きな石?ブロック?何かに乗り上げた瞬間ゴツン!と大きな音と衝撃が伝わってきました。

 

その後、何もなかったかのように走行してましたが、しばらくするとエンジンの警告灯が点滅しエンジンが止まりました。

 

その後再びエンジンが掛かることはありませんでした。何かに乗り上げたのが原因かと思い、車を見に行きました。

 

すると、オイル?らしきもが漏れているのを確認しました。なんのオイルなのか分かりません。ラジエーター液?ガソリン?とにかくエンジンがかからず動かす事が出来ない為、レッカーを呼んでディーラーに運ぶ選択しかありません。

 

ミッション破損!

ディーラーに搬送後、リフトに上げた瞬間原因がわかりました。

 

リフトに上げたステップワゴン

 

フロントのフレーム部分からリヤのスペアタイヤまで大きなキズが直線状に入っており、ミッションのボルト部分が欠けていました。そこからATFがボタボタと漏れていたのです。

 

ミッション破損

ミッション破損その2

下回りフレーム損傷

下回りフレーム損傷その2

ガソリンタンク損傷

スペアタイヤ損傷

ディーラーから提示された概算の見積もりは40万~50万円。。。

ミッションは交換しないと修理は不可能。損傷したフレームやガソリンタンクなども中古部品を使ったとしても作業工賃が上回る内容とのこと。

 

即答で廃車を決めました。

 

写真をご覧のように下回りにはブレーキホースやマフラー、センサー類が意外なほどの部品が設置されており、幸いそれらの部品には損傷がなかったため大事には至りませんでした。最悪のことを考えるとゾッとしますね。。。

 

その後、修理代が高くつくということもあり廃車買取の業者へ査定してもらい、引き取ったもらいました。

 

車を手放すときナビや付属品はどうなる?

車についてる付属品を返してほしい

廃車や買取などで車を手放すときにナビやオプションパーツなどの付属品が査定価格に含まれているのか否かで車と一緒に引き取られます。

 

査定してくれる査定士さんが『これらのパーツはどうしますか?』と親切に聞いてくれればあとあとのトラブルにならずに済みます。

 

よくあるパーツがナビやアルミホイールです。普通に買うと数十万円もする高価なパーツです。中古パーツ屋さんに売ったり、ネットオークションに売ったりしてる人も多く、その価値は十分にあります。買い替えの場合はそれらのパーツを外して新たに購入する車に装着すればオプション代金も抑えることができるでょう。

 

先に述べたように、査定時にそれらが含まれているのか、外した場合の査定価格との比較ができていれば外して売るのかそのままの状態で手放すのか判断しやすいと思います。

 

しかし、ナビやオーディオ、ETCなどといった電装品に関しては取り付けが複雑で専門知識がないと簡単には取り外すことができず、最悪の場合はインパネ周りに傷をつけてしまうこともあります。

 

アルミホイールや足回り、マフラーといったパーツはジャッキアップする必要があり、電装品同様に専門知識が必要となります。

 

純正パーツがある場合は車を買取してくれる業者さんに工賃の確認と取り外しができるのかを確認した補遺が良いでしょう。

 

中古パーツの売り方

中古パーツは純正品と社外品とで価値が分かれてきます。純正品の場合はその車の人気によって価値が上下します。また、その車専用の部品となるため不人気車や古い車になると需要がないことが考えられるので、売りたくても売れない状況に陥る可能性があります。

 

社外パーツの場合、ナビなどの電装品に関しては国産車であればほぼ全車取り付けが可能なのでメーカーや型式、機能によっては高く売れることもあります。

 

アルミホイールはその車専用に設計されたわけではありません。インチ数やオフセット、4穴・5穴などの条件が当てはまれば違う車にも装着が可能です。しかし、足回り、マフラーなどはその車専用となります。

 

気を付けておきたいのが、パーツそのものの状態です。いくら中古とはいえ少しでもきれいな状態のほうが高く売れます。オーディオ、ナビなどはタッチパネル式が多く、パネル部分の擦れや割れなどは価値がガクンと下がります。

 

アルミホイールはアルミ特有の劣化やガリ傷は普段の運転やメンテナンスで心掛けるしかありませんね。

 

まとめ

中古パーツの価値はネットオークションなどで確認し相場を知ることができます。自分でパーツを取り外すことができなければ事前に取り外し工賃を確認する必要があります。

 

アルミホイールなどその時の流行りのデザインで購入する人が多く、時代遅れと低評価になる可能性もあります。

 

車の趣味はいわば自己満足の世界です。購入金額は高くとも評価が低いことで自棄にならないようにしましょう。

 

 

 

 

沖縄で多い車のトラブル

沖縄県特有の車のトラブル

沖縄県はご存知のとおり島国であります。気候も本土に比べ暖かく、バカンスには最適な地域です。

 

その反面、梅雨入りも早く、台風上陸の影響では頻繁に被害を受ける地域でもあります。

 

このように沖縄県の地域性による車のトラブルを紹介していきます。

 

台風被害を受けた車

沖縄県は台風の接近・通過が年に数回あります。2018年に至っては13回もあったのです。沖縄県に限らず台風の被害による車のトラブルは多々あります。

 

例えば風に飛ばされてきた看板や屋根瓦などが車に直撃し、ボディーやガラスが破損した。。。
この場合、一般的には車両保険で修理することは可能ですが、看板や屋根瓦の所有者に修理代金を請求することは非常に難しいことです。

 

また、豪雨による冠水の場合、車は少々、雨や水に打たれても致命的な故障につながることはありません。しかし、長時間エンジンやミッションが水に浸かると内部に浸水し故障につながります。その高さまで浸水するということは車内にも当然被害が及びます。車内の装備品はエンジンルーム内と異なり絶対に水に濡れてはいけない部品ばかりです。コンピュータやオーディオ類などショートしやすい部品が多いので冠水した車であれば内装品に関してはすべての部品を交換する必要があります。

 

サビによる腐食

沖縄県のように回りが海に囲まれた地域では海風を常に受けるため、サビによるボディーや部品の腐食が進行しやすいのです。

 

まめに洗車をおこなっていても、エンジンルーム内や下回り、足回りまで手が届かずそれらの部品からサビが広がっていくこともあります。

 

また、ちょっとしたボディーの擦り傷からあっという間にサビが広がることも多いのです。

 

外観のサビ被害であれば走行や使用に問題はありませんが、マフラーやラジエーター、ブレーキなどは走行に影響が大きい部分なのでまめな点検や整備は欠かせません。

 

暑さによる故障

北海道、東北など寒い地域では車が寒冷地仕様というように寒さ対策が行われますが、沖縄県のように暑い地域では対策のしようがありません。

 

この暑さのせいで生じる車の故障は代表的なものがオーバーヒートです。車検時や12カ月点検時に冷却水の交換するのはラジエータ内部のゴミや汚れを落とすためでもあり、冷却水を循環させるためのウォーターポンプの故障を防ぐ効果もあります。

 

ラジエーターキャップの劣化やサーモスタットの点検、ラジエータホースの点検・交換などもオーバーヒートの原因です。

 

以前の記事にも紹介したバッテリー上りも実は暑さが原因の一つでもあります。バッテリーは暑さに対しより性能をアップさせようとするため劣化や消耗のスピードを速めるのです。

他の電装品の電力にもなるため、エアコンやオーディオなど常時作動させるとその分負荷がかかるためバッテリー上りにつながるのです。

 

まとめ

上記いずれも定期点検で防げるものであり、各部品の性能を維持することができるものです。しかし、車に故障はつきものです。残念ながら故障に至ってしまった場合は修理見積りと現状の買取り価格の比較で損得勘定するのも一つの手でもあります。

 

また、台風被害によるものは新車のモータープールやオークション会場でも起こりうることです。車両保険などの見直しと確認を今のうちにしておきましょう。

 

エンジンがかからない原因はなに?

急にエンジンがかからなくなった

お出かけの際に車に乗るとエンジンがかからなくて慌てることってありますよね。エンジンがかからなくなった場合その原因を探る必要があります。

 

とは言っても、ボンネットの開け方さえ分からない人に原因がわかるはずがありません。まずは、JAFや加入している保険のロードサービスを呼んで、軽く点検してもらいましょう。

 

電気系の故障

エンジンがかからなくなったとトラブルで多い原因はバッテリー上りです。バッテリーは車の電装品を動かすための電池みたいなものです。

 

当然、寿命もありますが、使用頻度や一時的な消耗など理由は様々です。バッテリーケーブルで生きたバッテリー同士をつなぎ、すぐにエンジンがかかればバッテリーが上がったのが原因でエンジンがかからなくなったと考えていいでしょう。また、電圧を測り規定値以下であればすぐにバッテリーの交換をお勧めします。

 

電気系といえばオルタネータの故障も考えられます。オルタネータはバッテリーからの電気を充電する役割があります。充電ができなくなると新品のバッテリーでも電気は放出しっぱなしとなり走行中でもストンと止まることもあるので大変危険です。

 

燃料系の故障

ガス欠も少なくありません。車の種類によってはエンプティーランプが点滅するタイプと点滅しないタイプがあるのでレンタカーや知人の車など普段乗りなれていない車などに多いトラブルです。

 

しかし、ヒューエルポンプの故障も考えられます。ヒューエルポンプは文字通りガソリンタンクからエンジンへガソリンを送り出すポンプです。このポンプが故障するとガソリンは満タンであってもエンジンまで到達できないためエンジンが始動することはないのです。アイドリングに違和感を感じたら点検することをお勧めします。

 

センサー類の故障

車には各部品にセンサーがついています。その部品の以上や故障を察知するためのセンサーであり、早期部品交換をお知らせしてくれる部品です。

 

エンジン始動に関わるセンサーといえば、O2センサーが考えられます。マフラーの触媒部分に設置されているセンサーで排気ガスの濃度や排出量を検出します。このセンサーが故障または排気ガスに異常があればエンジンがかからないこともあるのです。

 

タイミングベルトとファンベルト

走行中にエンジンが止まり、再始動が出来ないのであればベルトが切れた可能性があります。

 

ベルトは動力の部分を伝える役割があります。そのベルトが切れてしますと力を伝えることができないためエンジンをかけることや走行することができなくなります。

 

特にタイミングベルトの場合、エンジン内部に装着されている重要なベルトのためすでにベルトが切れている状態で指導しようとすると他の部品(コンロッド、タペットなど)の損傷を加えることとなり修理が不可能になるのです。

 

ファンベルトが切れた場合は主にラジエーターファン、パワステ、オルタネータ、エアコンを動かすためのベルトですのでエンジン始動には直接的には関係ありませんが、ラジエーターファンが動かなくなるとオーバーヒートを起こしやすくなりエンジンに致命傷を及ぼすことになります。

 

まとめ

エンジンがかからなくなった原因はひとつひとつ解明していく必要があります。上記は大まかな原因のため、コンピュータの異常やミッションなど点検するだけでも費用が掛かる部品に原因があることも考えられます。

 

また、初歩的な原因で言えば、シフトノブがPレンジに入っていないとかハンドルロックがかかっているなど最近の車で言えば、スマートキーの電池切れなど簡単な原因も考えられますので、大慌てせずにロードサービスやディーラーに確認したほうが良いでしょう。

 

 

 

 

ヴェルファイアの事故車の査定価格

ヴェルファイア事故車①

ヴェルファイアの事故車の相場は

ヴェルファイアの人気は言うまでもありませんが、非常に高い人気であり当然ながら相場も高い車です。その人気は海外にも進出し初代ヴェルファイアをはじめ歴代のモデルすべてに言えます。

 

海外では年式や走行距離などはさほど評価の対象ではなく、ボディーカラーがブラック。サンルーフ付き。7人乗り。マルチ付き。デュアルパワースライドドア。本革シート。などの条件が揃っていれば無条件で超がつくほど高額査定がゲットできます。

 

他の車種であれば事故車の評価は輸出の対象となりますが、海外へ輸出される車が多いため、国内に流通されるヴェルファイアの相場が必然的に上がり続けています。

 

その為、事故現状車を仕入れて自社で修理し、店頭に並べる中古車販売店が少なくありません。その相場はレクサスLSやランクル、ハイエースに肩を並べるほどの高さです。

 

新車価格はそれらよりも低い価格設定なので値落ち率で換算すると驚異的な数字と言えるでしょう。

 

その画像と相場はコチラ⇩

ヴェルファイア事故車① ヴェルファイア事故車② ヴェルファイア事故車③

 

ヴェルファイア事故車相場

事故現状のヴェルファイアの相場ですが、もちろんこれから修理代がかかるわけです。ということは店頭に並ぶ販売価格は無事故車の相場よりも少し安いくらいではないでしょうか。

 

事故を起こしたヴェルファイアを高く売るには

先ほど紹介した事故現状のヴェルファイアのように修理せずに高く売る方法はいくつかあります。

 

事故を起こしたらまず保険会社に車両保険の有無を確認します。

 

次に修理工場又はディーラーにて見積りを出してもらいます。(損傷が大きいほど全損扱いとなるでしょう。)

 

その修理見積金額が保険会社より支払われます。

 

次に修理をせずに事故車買取業者に査定をしてもらいます。

 

保険金プラス査定金額の合計が自身が考える金額よりも上なのか下なのかを判断する材料となります。

 

仮に修理をしてのちに買取に出したとしても事故車という査定評価になりますので先のことまで考えて売却を検討したほうがいいのです。