車検切れの車を買取りに出すには

車検が切れていたらどうなる?

当然車を運転することはできません。もしも車検切れの車を乗って運悪く警察に止められた場合以下の罰則が科せられます。

 

車検が切れた車を公道で走らせた場合(無車検車運行:道路運送車両法違反)

1.違反点数6点(前歴がない場合)
2.30日間の免許停止
3.6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

自賠責保険が切れている車を公道で走らせた場合(自動車損害賠償保障法違反)

1.違反点数6点(前歴がない場合)
2.1年以下の懲役または50万円以下の罰金

罰則の最大(車検切れの自賠責保険も切れた車を公道で走らせた場合)

1.違反点数12点(前歴がない場合)
2.90日間の免許停止
3.1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金

以上のように3通りの罰則が科せられますが、これは車検が切れていても自賠責保険は車検有効期限よりも一カ月多く有効期限がある為、このような内訳となります。自賠責保険が一カ月多く有効期限がある理由として、『うっかり車検が切れているのを忘れた』という人のために自賠責保険を残すと言われています。

 

また、車検は残っているが、自賠責保険が切れているという事例はほとんど聞きませんが、自賠責保険は保険会社との契約となりその契約を他人や他車に譲渡することはできます。これはそういった理由に起こりえる事です。

 

理由はともかく、車検切れの車を公道で運転すると重大な罰則が科せられるということです。

 

現在、全国の国道や県道に監視カメラが多く設置していますが、それらはスピード違反の監視のためだけでなく、車検切れや盗難車など犯罪にかかわる車をいち早く察知する為でもあるのです。車検切れの車を運転していて『パトカーや白バイに見つからなければいい』なんて甘い考えでは取り返しのつかないことになるのです。

 

車検切れの車を売りたい場合

車検切れの車を売る為に買取屋さんまで走る場合、運が良ければ捕まりません。が、その一店舗目の査定金額で満足する買取金額が出るでしょうか?もし出なければ次の買取屋さんまで運転しなければなりません。

 

その状況を踏まえて、買取屋さんは『車検が切れているから〇〇万円です。』とか『捕まったら売るどころか罰金を払わないといけません。』など弱みに付け込んだ営業トークをしてくるでしょう。

 

では、車検切れの車を公道で走らせるためには?
沖縄県内で最寄りの市町村役場で仮ナンバー(臨時運行ナンバー)を借りればよいのです。仮ナンバーは車検証と自賠責保険(運行期間内の有効期限があるもの)の原本を持って行けば750円で借りることが出来ます。詳しくはコチラ

ただし、有効期限は最長5日間となっていますので有効期限を過ぎたまま走行すると車検切れの車と同様に捕まっちゃいます。

 

いずれにせよ、短期間で決断しなければなりませんのでオススメはできませんね。。。

 

車検切れの車こそ出張買取を利用する

車検を通す気がなければ売るしかありません。そのまま放置してしまうと自動車税がかかり、無駄な駐車スペース、いたずらや犯罪に利用されるかもしれません。

 

そういう時こそ車買取一括査定サイトを利用するほかありません。複数の買取業者さんに査定してもらい、じっくり考えて納得できればお願いすると。

 

無駄な時間とお金や余計な神経を使わずに済みます。

 

車の状態によっては、廃車買取専門業者や事故車買取専門業者も紹介していますのでぜひ参考にご覧ください♪

廃車する時に自動車税はどうなる?

自動車税の納税と還付

自動車を所有すると自動車税の納税義務が生じます。自動車税は排気量により納税金額が変わります。自動車税はその年の年税を前払いとなり、納税期限はその年の5月1日から5月30日までです。その期限内に支払いが出来なければ督促状が届くことになります。

 

自動車税を払った後に車を乗り換える場合、納めた税金は月割(翌年の3月までの月割計算)で還付されます。例えば、8月に車を手放す場合は翌月の9月~翌年の3月までの月数7カ月分の自動車税が還付されます。但し、軽自動車税は年税となる為、還付されません。

 

 

逆に自動車税を納めてなくて、車を手放す場合はその月までの自動車税を払わないといけません。その車が廃車や抹消登録される場合は、県税事務所から月割分に再計算された自動車税の納付書が届きますので、速やかに支払いを済ませましょう。

 

廃車にする場合の自動車税

廃車とはいえ業者にその車を手放すわけですから一旦収めた税金は戻してもらう義務があります。業者さんによっては、様々な言い分があるでしょう。例えば。。。

 

①『廃車費用を無料にする代わりに還付金は頂きます。』

②『廃車にすると税金はもどってきませんよ(ウソ)』

③『還付する代わりに引き取り料、手続き料を下さい』

 

今時こんなバカげた話はありません!しかし、これらは街中でよく見かける廃車無料とか廃車買取などの看板によくあるトラブルなんです!

 

廃車手続きといっても350円で済む手続きです。いくら人件費が掛かるとはいえ還付金の代わりにしては高すぎます!!

また、引き取り料や事務手数料が無料に多いのが車の価値がまだあるのにタダで引き取っていくズル賢い業者さん。ここ数年、事故車や故障車、車検切れで動かせない車でも買取可能なんです。すべていくらかで買取が可能なんです。しかも還付金まで含めると数万円で買取してくれることが常識なんです。

 

車を売るときに必ず税金のことを聞く

下取りや買取りまたは廃車により車を手放す場合、自動車税の事を必ず聞きましょう。

 

自動車税は車屋さんによって対応が異なります。本来であれば月割分の支払いだけでよいのですが、税金も利益換算する業者も多くトラブルやクレームが少なくありません。

 

未納であれば『年税を納めてください』

納付済みであれば『還付金は査定金額に含まれています』

などといった対応をされる場合があります。

 

①車の査定金額と還付金を別々に提示してもらう。

車を査定する際、自動車税の還付金や車検の残り分を計算して査定額を提示する業者が増えています。

 

よって、単純に車だけの査定金額を提示してもらい、還付金がいくらあるのかを計算し、その合計額で検討しましょう。また、買い替えの場合、その車の値引き金額も査定金額に含ませないようにお願いしましょう。

 

『査定金に含まれています』という対応ほど不透明なことはありませんのでご注意を!!

 

②還付金がある場合、名義変更なのか抹消登録なのか聞く。

売却する車に車検が残っているのか、もうすぐ車検が切れるのかで売却先の対応が変わります。

 

例えば車検が残っていれば、その車屋さんの名義に変えます。つまり、名義変更を行うのです。この場合、県税事務所に言っても自動車税は戻ってきませんので、売却先の車屋さんから払い戻してもらうしかありません。

 

また、車検が残っていない場合は名義変更ではなく、一時抹消をします。一旦ナンバーを外して誰の名義でもないようにする手続きの事です。この場合、県税事務所から『指定の口座へ振り込みます。』という還付金の手続きの案内が届きます。

 

このように名義変更をするのか、抹消登録をするのかで還付金の方法が異なるのです。

 

③債権譲渡通知書を提示されたら再確認。

債権譲渡通知書は聞きなれない書類だと思います。これは自動車税の還付金の権利を譲渡するという書類です。この書類を提示された場合、自動車税は戻ってこないということなので車屋さんに再確認する必要があります。

 

まとめ

自動車税は前払いのため期限内に納めましょう。車を廃車や手放したからと言って納税義務がなくなるわけではありません。所有していた月までの納税義務は生じます。

 

また、すでに収めた税金は還付される権利があります。訳の分からない書類にサインしていたらもどってくるはずのお金が戻ってこないこともあります。業者さんと話合い、よく理解したうえで車を手放しましょう。

タグ:  

カテゴリ:手続きについて 

沖縄で軽自動車を廃車する場合

軽自動車を廃車する場合

沖縄で軽自動車の保有率は全国でなんと一位なんです。それほど沖縄で軽自動車が売れているのに廃車にするのはもったいない話です。

 

沖縄に限らず全国的に軽自動車の中古車相場は高く、新車価格からの値落ち率を見ても非常に低いことが分かります。例えば、5年落ちのワゴンR FX(走行5万km)の相場は約80万円です。この車の当時の新車価格は約120万円です。ということは33%しか値が落ちていないということです。これに対し普通車であるヴィッツは新車価格約140万円、中古車相場60万円ですが、約58%も落ちています。

 

このように軽自動車の需要は高く、経済的にも良い為に中古車市場でも大変人気が高く、相場が高いことが分かります。

 

しかし、年式が古すぎる軽自動車や走行距離が多すぎる軽自動車、事故や故障により動かない軽自動車はやはり中古車市場では売ることが出来ないために査定の対象外となり廃車扱いされることでしょう。ただこれは、その車に合った業者に査定をしてもらえてないだけなのです。

 

沖縄県で軽自動車が人気の理由はいくつかありますが、その代表的な理由は

①交通事情が悪いため、車が必要。

②レンタカーとして使用されている。

 

①に関しては一家に一台というよりは一人一台という傾向にある為、自動車税が安く、燃費が良い軽自動車が選ばれています。

②のレンタカーは沖縄県では観光客が非常に多く、レンタカーを借りる人がほとんどです。2~3人の観光客であれば大きな車よりもコンパクトな軽自動車で十分役に立つため軽自動車が支持されています。

 

沖縄県からインドへ輸出される軽自動車

今現在、インドでは日本の軽自動車が大変人気があります。

インドは今、自動車産業が盛んであり、自動車の保有率も年々増加傾向にあります。TVなどでよく超満員電車の映像を見たことはありませんか?実は電車マナーよりも交通マナーもあまりよくないんです。画像のように車線なんか関係なくトラブルが絶えません。。。

 

それはさておき、そんな自動車産業が盛んなインドで日本の軽自動車が多く輸出されている車のほとんどが日本で査定価格0円の軽自動車なんです。というのも、インドの方々は自動車を購入するということは大変なことであり、経済的負担も大きなことなんです。ですから、日本の中古の軽自動車を少しでも安く購入するために国内で価値がなくなった軽自動車に目を付けたということなんです。また、事故や故障で廃車扱いされた軽自動車はそれらの部品取り車として同様に輸出されるのです。

カテゴリ:沖縄 廃車 

沖縄県で廃車のかかる費用

沖縄県で廃車する際の費用はいくら?

車を廃車処分する際にかかる費用は廃車手続き(抹消登録)と車を引き取ってもらうための費用が掛かります。それらの手続きを業者に頼む場合、廃車処分料と廃車手続き料(抹消登録)で30000円が相場です。しかし、このサイトでは廃車を処分してもらうのではなく買い取ってもらう方法を多く記述していますので、実質には費用はかかりません。もちろん廃車手続き(抹消登録)の費用もタダでしてもらい、動かない車でもレッカー費用を掛けずに買い取ってもらいますので、一切お金はかかりません。

 

ただし、長年放置している車や、車検が切れたままの車、また乗るかもしれない車などをそのままにしておくと、当然自動車税が掛かる為、一旦は抹消登録をしたほうがよいでしょう。抹消登録には一時抹消と永久抹消の2つ種類があり、一時抹消は再度登録することが出来る為、自動車税や任意保険の支払いを一旦ストップすることが出来ます。『また乗るかもしれない』という方にはこの一時抹消の手続きをおすすめします。

 

また、永久抹消は車を廃車し、再度車の登録をしないときの手続きの方法です。車を解体する際に移動報告番号というのが発行されます。いわいる解体処理が完了したという番号です。この番号は永久抹消する際に必要となり、車検が残っていれば重量税の還付を受け取ることが出来ます。

 

いずれもこれらの手続きを自分でする際にかかる費用は印紙代の350円ほどで済みます。近くの車屋さんやディーラーさんなどに依頼すると、おおよそ10000円~20000円ほど掛かるでしょう。『ぼったくり!!』と思う人も多いでしょうが、実際に陸運局に足を運んで書類の作成、手続きにかかる時間などを考えると、仕方ないかもしれません。特に年度末や決算時期になると陸運局の中は名義変更や車検手続きで来る人達でごった返し、通常の2倍~3倍の時間を費やします。

 

つまり、一時抹消をお考えの人は月初を狙って、自分で手続きをしたほうが費用も安く済みます。どうしても自分でする時間がない人は、陸運局内に行政書士の方々がいますので良心的な価格(おおよそ5000円)で手続きを代行してくれるでしょう。車を廃車する場合は買取してもらう業者さんにしてもらいましょう。

 

廃車の手続きの方法はコチラ

カテゴリ:手続きについて 

ページの先頭へ