車の処分の買取を沖縄でしてもらうには

車の処分と買取りの違い

沖縄で車の処分と買取りの違いをまずしらべてみます。沖縄で車の処分とはスクラップや解体となるため廃車となります。沖縄でその車の処分の買取りとなると、車の価値を出してもらわないといけません。

 

沖縄で車の処分をする沖縄の廃車買取業者や解体業者は車の処分をするにあたり、どういう方法で処分をするのかで沖縄の車の処分料を決めます。

 

沖縄で一般的な車の処分をする業者は、その車を鉄やアルミ、プラスチックなどを再利用するために分類します。そして分類したそれぞれの資源を1kgあたり○○円として再販します。

沖縄で人気の軽自動車でも1tあり、大型車になると2tを超えるものもあります。よって、車の重量にとって買取価格を定めて買取りをしてくれる沖縄の業者も多いのです。

 

 

資源として車の処分をする沖縄の業者と別に、車の部品取りを専門とする沖縄の業者もあります。

例えば、沖縄で前方を損傷した事故車をリヤ周りの部品だけを使ったり、過走行車の車であれば機関的(エンジン、ミッションなどの駆動部)部品以外の内装部品やドア、ボンネットなどをリサイクル部品として販売します。

その車の人気によってはドアだけでも数万円で取引されていたりします。資源として買取るのではなく使える部品を丸ごと買取るということになりますので、上記の方法よりも高い買取査定が期待されます。

 

 

また、沖縄で車の処分という廃車扱いをされても、海外では意外と人気がある車種だったりします。

平成4~5年あたりのカローラなんて程度関係なく数十万円で取引されていますし、平成12~15年あたりのヴィッツ、ファンカーゴ、bB、イストも同様に高額査定が期待されます。これらはほんの一例ですが、トヨタ車はもちろん、日産車やホンダ車、マツダ車ほぼ全メーカーの車が海外の各国で輸出されているのです。

 

車の処分を買取してもらうには沖縄県内の業者にだけ頼らずに、全国展開している買取業者や、輸出業者に査定してもらうことがおすすめです。

車で事故を起こしたら

事故を起こしたらまずすること

車に事故は付き物です。事故と言っても3通りあります。

①人身事故

②対物事故

③自損事故

それぞれの事故によりその時に対処とその後の対応が異なりますのでひとつづつ解説していきましょう。

 

人身事故の場合

人身事故とは人に対して事故を起こしてしまったことです。②の車同士の事故でも同じことは言えますが、人身事故の場合過失割合はどんな理由であれ車側が10割過失がある為、治療費や慰謝料などの賠償責任が問われます。

 

では、事故を起こしたらまずすべきことは、警察を呼びましょう。そして被害者のケガや意識を確認して必要に応じ救急車を呼びましょう。その後に加入している保険会社に連絡です。

 

出来ればその場の状況を事細かな状況を写真に収めましょう。人身事故の場合、治療費や慰謝料を請求されることは間違いありません。その場合少しでも状況証拠があれば減額も検討できるはずです。そして、被害者の人に『今後は保険会社から連絡が入る』と伝え、連絡先と住所、氏名を聞きましょう。できるなら身分証明で確認させてもらいましょう。

 

事故現場の処理が終わったら、警察へ出頭しなければなりません。『時間がない、忙しい』などの言い訳はこの状況では通じませんし、相手に対して悪影響をもたらすため素直に応じましょう。出頭後、事故の状況などにより罰金や減点などの説明があります。

 

事故後、できれば当日の夜または翌日の午前中に『お詫びを兼ねて保険会社からの電話の確認のため』一本電話を入れたほうが良いでしょう。そうすることで印象がずいぶん変わるはずです。

 

あとの治療費や慰謝料などは保険会社にお任せすれば大丈夫です。

対物事故の場合

対物事故で多いのが、車同士の事故です。車同士の事故であれば、双方に過失の割合が生じます。

 

事故を起こしたらまずするべきことは人身事故同様にすぐに警察を呼びましょう。人身事故と違って相手によっては示談で済ませ、修理費用を払わずに逃げることも考えられますので必ず警察を呼びましょう。

 

その後すぐに保険会社に連絡して事故の状況を出来るだけ細かに説明しましょう。ここで注意したいのが、ほとんどのケースで数日後に保険会社同士の話し合いの中で言い分が違ってくることです。双方が少しでも過失割合を減らそうという気持ちが働くため、事故状況を事前に説明し、記録を残してもらうことが必要となります。また、損害箇所の写真を残しておくのも大事です。

 

その後、損害については、駐停車中の車に接触した場合は10割の過失となり、相手の修理や損害費用を全額負担しなければなりません。お互いが走行中の事故であれば状況によってそれぞれに過失の割合があてられます。

 

当時の事故状況により保険会社同士で過失割合を決定します。

 

自分が3割、相手が7割過失がある事故の場合。

自分の損害費用を相手に7割負担してもらい、相手の損害費用を3割負担する。となります。

 

自損事故の場合

自損事故は対物事故とほぼ同じ処理になりますが、事故の相手がガードレールや電柱、民家の壁など相手が車以外で運転ミスなどに多い事故です。

 

対物保険に加入していれば相手の損害賠償は保険会社で賄えますが、自分の車の修理費用については、車両保険に加入してないと修理費用が出ません。物損事故も同様に相手の車の損害賠償は賄えますが、自分の車の修理代は過失割合で充てられた相手からの分しか出ません。

 

事故のまとめ

交通事故では事故の状況により免許の点数や罰金などが科せられます。

 

飲酒運転や免停中など警察沙汰になると困るという身勝手な理由でその場から逃げるという事件も多発しています。しかし、現場の状況や最近ではドライブレコーダーの普及により逃げることはできません。

 

また、車検切れや任意保険の未加入という非常識なユーザーも少なくありません。それらの事故を賄うための保険の特約もありますので契約の見直しや再確認をする必要もあります。

 

 

タグ: 

カテゴリ:Q&A 

廃車を無料でしてくれる理由

廃車するのにどれくらい費用がかかる?

車を廃車する際に一体どれくらい費用が掛かるのかご存知でしょうか。

 

 

 

このサイトでは廃車する場合買取を推進していますので、費用はかからないのが前提ですが、一般的に廃車の処分料はディーラーや中古車販売店では約2万円~3万円が相場でしょう。

 

実際にかかる費用は350円です。

 

ワンコインでおつりがきます。

 

この費用は抹消手続きをする際にかかる印紙代だけなんです。では、肝心の車の解体費用はというと、買い取る側の業者さんによりますが、車屋さん、解体業者、部品取り業者、輸出業者これらすべての業者さんはお金を払って引き取ってくれます。

 

サービスの良い業者さんは抹消東特まで無料でしてくれる業者さんもいます。

 

このことから、街中で見かける廃車無料の看板をあげている業者さんは廃車無料でしても赤字どころかウン万円の利益がでるんです。

 

どんな車でも費用は同じ?

廃車の手続き(抹消登録)にかかる費用はどんな状態の車でも同じ350円です。

 

しかし、車検切れや事故車故障車などの公道では走行ができない車は取りに来てもらわないといけません。普通、引き取りに来てもらう場合、レッカー車や積載車で引き取りしてもらうためその費用は別途かかる業者も多いはずです。

 

 

JAFや保険のロードサービス特約を利用すれば心配することはありませんが、それらの利用が出来ない場合はやはり、引き取りに来てもらわないといけません。

 

前述のようにこのサイトでは、廃車の費用を掛けずに、少しでも高く買取りしてもらうためのサイトですのでTOPページで紹介している業者であれば一切費用を掛けずに、少しでも高く買取りしてくれる業者を紹介していますのでぜひ参考にして下さい。

動かない車は廃車しかない?

動かない車の故障の原因は?

ハリウッド映画のように長年放置された車をスパナ片手に何とか復活させるシーンを見て、『んな簡単に直るわけねーだろ!!』って思うんですね。

 

だって、バッテリーは完全に上がってるはずだし、電気系統の故障の場合部品を交換しないと絶対に直りませんよ。そんなスパナやレンチ一本で直ってしまっては整備工場も商売あがったりです。

さらに言えばエンジン回りの故障であれば、レンチも10mmから12mm、14mm、17mmが必要になります。

 

これは国産車の場合ですが外車も同様に複数のインチサイズの工具が必要になるはずです。また、プラグを外す工具も特殊だったり、ベルトも腐っちゃってる可能性大なわけです。

 

当然、オイル関係も酸化しまくって漏れているか適正値まで残ってないはずです。

 

とにかく、動かない車は何かしらの原因があり、その故障箇所の修理費用がどれくらいなのか探るべきでしょう。

 

動かない車の原因その① 

 

キーを回してもウンともスンとも音がしない。

 

バッテリー上がり、オルタネータの故障

 

動かない車の原因その② 

 

セルが回る音はするがエンジンがかからない。

 

セルモーターの故障、ベルトが切れている、燃料ポンプの故障、イグニッションコイルの故障、オーバーヒートによるエンジンの不具合

 

動かない車の原因その③ 

 

エンジンはかかるが進まない

 

ミッションの故障、プラグやコイルの劣化または故障

 

これらが動かない車の原因となる代表的な原因ですが、車には何百種類という部品がある為もしかするとヒューズが飛んだだけなんてこともあり得ます。ともかく、レッカー移動や出張で整備工場の人に見てもらうのが一番でしょう。

 

修理代が高くても売ることを考える

エンジンやミッションの故障であれば修理代金が数十万円を覚悟しなければなりません。電気系統やポンプ関係でも数万円の出費となり大きな痛手になるのは間違いありません。

 

中古車市場で人気がある車種でも動かない車となると商品価値はありません。その車の年式や車種によりますが、大半のひとはここで修理はせずに車を処分してもらおうと考えます。

 

例えば中古車市場の相場が100万円とし、修理代が50万円であれば買い取り額は差し引き50万円で買取は可能でしょう。

 

年式が古く、走行距離も多い、そろそろ買い替えを考えていた矢先に故障し動かなくなった車であれば、修理見積りを出さずに廃車するのではないでしょうか。

 

その判断は間違いではありませんが、部品取りや海外へ輸出することを考えれば数万円~十数万円で買取をしてもらうことはできますので、高く売ることを考えるべきです。

 

そして、部品取りや海外へ輸出する専門業者に査定してもらうことが前提となります。

車のローンが残っているけど廃車したい。。。

オートローンが残っていても車は売れる?

ここ数年オートローンの金利手数料の低下に伴い、車を購入する人の大半はオートローンを利用し、購入します。特にディーラー系の金利手数料は1%台も珍しくなく、外車系なんかは0.9%で購入できるところもあります。

オートローンにはクレジット会社や銀行、農協、信用金庫などで利用できますが、手間がかからないのは車屋さんで取り扱っているクレジット会社でしょう。

 

車屋さんで取り扱っているクレジット会社は銀行系と比較すると審査時間も大幅に短縮が出来て、所得証明などの書類も不要です。

 

また、成人で有職者であれば保証人なしで審査が通る人も多いため利用者は多いのです。

 

しかし、その条件として所有権がつけられます。所有権というのはローンを完済するまで車の所有者がクレジット会社となり自由に売買することが出来ません。

 

 

逆に銀行系でオートローンを利用した場合は所有権は本人で、銀行などが所有者になることはありません。その為、購入したすぐに売買することが可能なのです。

 

オートローンの支払いがまだ終わってなくて、車を売却したい場合はこの所有者が誰になっているかがポイントになりますので、車検証をまず確認しましょう。

 

完済してないけど車を処分したい

オートローンの残債と車の価値が同じくらいであれば、車の買取金額でローンの残債を相殺できるため所有権解除の手続きも行えますが、ローンの残債の方が上回る場合はその差額を手出ししてマイナス分の補てんをしなければなりません。

 

 

車の買い替えの場合は次に購入する車にそのマイナス分を上乗せして新たにオートローンを組み直すことも可能です。基本的には禁止されていることですが、銀行などは少し金利が上がりますが、おまとめローンの申し込みも可能です。

 

しかし、車が事故や故障などで車の価値がなく廃車せざる負えない場合はクレジット会社との話し合いによりその車を売却または処分することが出来ます。当然、残ったオートローンの残債は再分割という形でお支払いはしていかなければなりません。

 

ローンの延滞中に車を処分したい

毎月の支払いが遅れ遅れになり、ついには長期延滞となってしまった場合は、すでに車の差し押さえ通告や督促の真っ只中ではないでしょうか。

 

支払いの遅れが続くと感覚的にどうでもよくなってしまうのが一番怖いところです。そのままにしてしまうとすべての金融機関で延滞者いわいるブラック扱いされてしまい、どこの金融機関からもお金を借りることが出来なくなってしまします。

 

少し話が脱線してしまいましたが、理由はともかくローンの延滞中に車を廃車、処分したいがオートローンの再分割も出来ない場合は強制的に廃車処分するしかありません。

 

強制的に車を処分するのは可能です。廃車やスクラップであれば業者も最低価格で買取をしてくれますし、通常行う抹消登録(廃車手続き)が出来ないだけです。その為、登録上ではその車は存在しているので自動車税の支払い義務は消えません。

 

廃車の処分が終わったら、次に行うのが自動車税をストップさせることです。抹消登録(廃車手続き)を行わない代わりに、県税事務所に直接行って『この車は廃車しました。書類がないため抹消登録できません。』と言えば自動車税は止まります。

 

あまりおすすめ出来ることではありませんが、最終的な手段として自己判断にて検討してください。

ページの先頭へ