走行中にゴトゴト音がする

ゴトゴト音はどこからしてる?

走行中にだけゴトゴトと音がするのは足回り付近からの音です。

 

足回りはショックとサスペンションを組みつけた部品で、道路の段差やカーブなど安定していない走行路に生じる上下左右のショックを吸収するものです。

 

ショックアブソーバー画像

 

このショックアブソーバーの消耗やサスペンションのヘタリが出てくると乗り心地が極度に悪くなります。また、ゴトゴトと音が鳴りだします。

 

しかし、ゴトゴト音はそれだけではなく、差し回り付近に連結されている部品の劣化により同じような異音が鳴りだします。

 

縦揺れ時の異音

走行時の異音は縦揺れ時の音なのか、横揺れ時の異音なのかで分かれてきます。

 

縦揺れ時の異音の場合は、ショックとスタビライザーが連結されているスタビリンクブーツの破れが考えられます。

 

ショックアブソーバーイラスト

 

スタビリンクは車体の揺れを止める棒状の安定装置です。スタビリンクはスタビライザーとショックに連結されており、固定部分はボールジョイントの中にグリスがあり、ゴム状のブーツで覆われています。このブーツが破れ中のグリスが漏れてしまうと潤滑が悪くなり、車体の揺れがうまく止めれなくなり、ゴトゴトと音が鳴りだします。

 

また、ロアアームやタイロッドも同様に連結部分にブーツが使用されているため同じような症状が出てきます。

 

横揺れ時の異音

ハンドルを切ったときに鳴る音としてはドライブシャフトのブーツの破れやコンロッドのブーツの破れや消耗が考えられます。

 

ドライブシャフトブーツはハンドルを切る際にジャバラ部が開いたり閉じたり収縮性を持っていますが、ゴム製のため長期間使用しているとゴムが硬化して割れてきます。

 

そのまま走行するとブーツの割れ目に砂や泥が入り込みハンドルを切った際にカタカタカタと音が鳴りだします。

 

ドライブシャフト画像

 

タイロッドダストブーツはギヤボックス内の潤滑と異物侵入を防ぐ役割を持っています。出すとブーツが破れるとドライブシャフトブーツ同様に中に砂や泥が侵入しギシギシと異音が鳴りだします。

ステアリング

 

走行中の異音は様々の部分からそれぞれ異なった音がします。

 

また、走行自体には違和感は感じにくいためそのまま放置する人も少なくありません。しかし、放置すればするほどどんどん悪化し、カバーやブーツの交換だけで済む修理が本体そのものの交換が必要場合があります。

 

その修理金額は数万円~十数万円となります。もしも、今その状態であれば修理するのか、手放すのか買取金額で検討する必要があります。

 

当然買取金額の方が上回るのであれば買取に出したほうが良いでしょうが、その車の相場や購入金額、使用年数を考えたうえで検討しましょう。