車を売るなら3月中がお得!?

3月中に車を売ったほうがいい理由

テレビCMや広告などで『車を売るなら3月中がお得!!』とよく打ち出されていますね。

実際のところホントに3月中がお得なのでしょうか?また、なぜ3月中なのでしょうか?

この疑問点はまず、年度末だからということです。自動車税は新年度つまり4月1日の時点でその車の所有者(使用者)へ納税の通知を配布します。

これにより、3月中に車を手放せば翌年度の自動車税を払わなくて済むからなんですね。

しかし、厳密にいうと3月中に名義変更または抹消登録が出来てなければ自動車税の通知は届いてしまします。

買取店や販売店との契約で『3月中に名変などが完了できない場合は自動車税を負担する』という契約事項を忘れずにしておくことが大事です。


では、それ以外にお得な理由はあるのでしょうか?



実はありません。

年度末や決算月になるとディーラーや大型買取店は販売台数を伸ばすために売り込みにかかります。その材料として『3月中がお得』と打ち出すのです。

もちろん、大幅な値引きや下取りの増額も期待されるでしょうが、フタを開けるとさほど大きな差はないことが多いのです。

実際のところ、自動車の登録月が多いのは3月です。ということは車検を受ける台数が最も多いのが3月となります。

車を買い替える理由の一つとして車検を受けずに買い替えるというユーザーが多いのも現状です。

3月に車を売るというより車検を受けずに買い替えるといったほうが現実的かもしれません。

いずれにせよ、販売店からの大幅値引きがあっても下取り価格や買取価格が満足でなければ意味がありませんけどね。。。