ガラス修理と廃車 どちらが正解?

意外と高いガラス修理

エンジンやミッションンの故障の場合、修理代金も高額となり見積書を見た瞬間に『廃車にしようと』あきらめがつくかもしれません。

 

また、大きな事故や大雨による冠水なども保険会社が全損(廃車)という判断をすることが多いので後悔することもないでしょう。

 

しかし、車検がたっぷり残っている状態やきっちり整備や修理をした矢先の故障の場合は正しい判断がしにくいことが多いのです。

 

例えば、『これが最後の車検』と整備費用もそれなりにかけて『車検が切れたら買い換えよう』と車検から帰ってきた車が事故を起こすとか。。。

 

保険で何とか賄える範囲であればいいのでしょうが、古い車になれば修理見積りに満たない金額で全損扱いされることもあります。

 

車の部品は走行に重要な部品になればなるほど高くなります。修理に関しても同じことが言えます。では、最も判断がしづらく査定価格に影響を受ける修理内容をお答えします。

 

それは、フロントガラスの修理です。

 

飛び石の修理でだと1万円ほどでできます。修理時間も2~3時間ほどでできますし、出張修理してくれる業者も多いので助かります。

 

ただし、修理ができないほどのヒビやキズの深さであればガラスごと交換しなければなりません。そうなると非常に厄介です。フロントガラスの部品だけでも10万円ほどかかり、さらに工賃が数万円。作業時間や接着剤が固まるまで丸々1日と費用も時間もかかります。

 

この場合、車両保険で適用されることもありますが、翌年から保険料が割り増しされます。

 

保険料の割り増し分のデメリットと現状の買い取り価格の比較を比べ、さらに買い取りの際に戻ってくる車検費用(自重量税・自賠責・自動車税)これらを勘定したうえで判断したほうが正しいといえます。