エンジンがかからない原因はなに?

急にエンジンがかからなくなった

お出かけの際に車に乗るとエンジンがかからなくて慌てることってありますよね。エンジンがかからなくなった場合その原因を探る必要があります。

 

とは言っても、ボンネットの開け方さえ分からない人に原因がわかるはずがありません。まずは、JAFや加入している保険のロードサービスを呼んで、軽く点検してもらいましょう。

 

電気系の故障

エンジンがかからなくなったとトラブルで多い原因はバッテリー上りです。バッテリーは車の電装品を動かすための電池みたいなものです。

 

当然、寿命もありますが、使用頻度や一時的な消耗など理由は様々です。バッテリーケーブルで生きたバッテリー同士をつなぎ、すぐにエンジンがかかればバッテリーが上がったのが原因でエンジンがかからなくなったと考えていいでしょう。また、電圧を測り規定値以下であればすぐにバッテリーの交換をお勧めします。

 

電気系といえばオルタネータの故障も考えられます。オルタネータはバッテリーからの電気を充電する役割があります。充電ができなくなると新品のバッテリーでも電気は放出しっぱなしとなり走行中でもストンと止まることもあるので大変危険です。

 

燃料系の故障

ガス欠も少なくありません。車の種類によってはエンプティーランプが点滅するタイプと点滅しないタイプがあるのでレンタカーや知人の車など普段乗りなれていない車などに多いトラブルです。

 

しかし、ヒューエルポンプの故障も考えられます。ヒューエルポンプは文字通りガソリンタンクからエンジンへガソリンを送り出すポンプです。このポンプが故障するとガソリンは満タンであってもエンジンまで到達できないためエンジンが始動することはないのです。アイドリングに違和感を感じたら点検することをお勧めします。

 

センサー類の故障

車には各部品にセンサーがついています。その部品の以上や故障を察知するためのセンサーであり、早期部品交換をお知らせしてくれる部品です。

 

エンジン始動に関わるセンサーといえば、O2センサーが考えられます。マフラーの触媒部分に設置されているセンサーで排気ガスの濃度や排出量を検出します。このセンサーが故障または排気ガスに異常があればエンジンがかからないこともあるのです。

 

タイミングベルトとファンベルト

走行中にエンジンが止まり、再始動が出来ないのであればベルトが切れた可能性があります。

 

ベルトは動力の部分を伝える役割があります。そのベルトが切れてしますと力を伝えることができないためエンジンをかけることや走行することができなくなります。

 

特にタイミングベルトの場合、エンジン内部に装着されている重要なベルトのためすでにベルトが切れている状態で指導しようとすると他の部品(コンロッド、タペットなど)の損傷を加えることとなり修理が不可能になるのです。

 

ファンベルトが切れた場合は主にラジエーターファン、パワステ、オルタネータ、エアコンを動かすためのベルトですのでエンジン始動には直接的には関係ありませんが、ラジエーターファンが動かなくなるとオーバーヒートを起こしやすくなりエンジンに致命傷を及ぼすことになります。

 

まとめ

エンジンがかからなくなった原因はひとつひとつ解明していく必要があります。上記は大まかな原因のため、コンピュータの異常やミッションなど点検するだけでも費用が掛かる部品に原因があることも考えられます。

 

また、初歩的な原因で言えば、シフトノブがPレンジに入っていないとかハンドルロックがかかっているなど最近の車で言えば、スマートキーの電池切れなど簡単な原因も考えられますので、大慌てせずにロードサービスやディーラーに確認したほうが良いでしょう。

 

 

 

 

カテゴリ:Q&A 

ページの先頭へ