車を手放すときナビや付属品はどうなる?

車についてる付属品を返してほしい

廃車や買取などで車を手放すときにナビやオプションパーツなどの付属品が査定価格に含まれているのか否かで車と一緒に引き取られます。

 

査定してくれる査定士さんが『これらのパーツはどうしますか?』と親切に聞いてくれればあとあとのトラブルにならずに済みます。

 

よくあるパーツがナビやアルミホイールです。普通に買うと数十万円もする高価なパーツです。中古パーツ屋さんに売ったり、ネットオークションに売ったりしてる人も多く、その価値は十分にあります。買い替えの場合はそれらのパーツを外して新たに購入する車に装着すればオプション代金も抑えることができるでょう。

 

先に述べたように、査定時にそれらが含まれているのか、外した場合の査定価格との比較ができていれば外して売るのかそのままの状態で手放すのか判断しやすいと思います。

 

しかし、ナビやオーディオ、ETCなどといった電装品に関しては取り付けが複雑で専門知識がないと簡単には取り外すことができず、最悪の場合はインパネ周りに傷をつけてしまうこともあります。

 

アルミホイールや足回り、マフラーといったパーツはジャッキアップする必要があり、電装品同様に専門知識が必要となります。

 

純正パーツがある場合は車を買取してくれる業者さんに工賃の確認と取り外しができるのかを確認した補遺が良いでしょう。

 

中古パーツの売り方

中古パーツは純正品と社外品とで価値が分かれてきます。純正品の場合はその車の人気によって価値が上下します。また、その車専用の部品となるため不人気車や古い車になると需要がないことが考えられるので、売りたくても売れない状況に陥る可能性があります。

 

社外パーツの場合、ナビなどの電装品に関しては国産車であればほぼ全車取り付けが可能なのでメーカーや型式、機能によっては高く売れることもあります。

 

アルミホイールはその車専用に設計されたわけではありません。インチ数やオフセット、4穴・5穴などの条件が当てはまれば違う車にも装着が可能です。しかし、足回り、マフラーなどはその車専用となります。

 

気を付けておきたいのが、パーツそのものの状態です。いくら中古とはいえ少しでもきれいな状態のほうが高く売れます。オーディオ、ナビなどはタッチパネル式が多く、パネル部分の擦れや割れなどは価値がガクンと下がります。

 

アルミホイールはアルミ特有の劣化やガリ傷は普段の運転やメンテナンスで心掛けるしかありませんね。

 

まとめ

中古パーツの価値はネットオークションなどで確認し相場を知ることができます。自分でパーツを取り外すことができなければ事前に取り外し工賃を確認する必要があります。

 

アルミホイールなどその時の流行りのデザインで購入する人が多く、時代遅れと低評価になる可能性もあります。

 

車の趣味はいわば自己満足の世界です。購入金額は高くとも評価が低いことで自棄にならないようにしましょう。

 

 

 

 

カテゴリ:Q&A 

ページの先頭へ