廃車した後の自動車税について

4月以降に廃車した自動車税はどうなる?

3月中に廃車をしたかったが、どこの業者も『4月以降になります』と断られ、仕方なく4月になって廃車した場合は新年度の自動車税を納めなくてはなりません。

 

自動車税は4月から翌年の3月までの税金です。

 

5月になると自動車税の納付書が届きます。一旦自動車税を納めて数か月後還付金として返金されますが、自動車税の1年分と言っても数万円もかかりますので無理して納付期限内に収める必要はありません。

 

このケースの場合は4月の時点ですでに廃車している為、一カ月分を納めればよいのです。

 

しかし、4月1日の時点の所有者(使用者)に通知が届くためタイムラグが発生し、本税(自動車税1年分)の請求が行くのです。

 

自動車税を管理しているのは県税事務所になります。4月に廃車したとしても県税事務所が廃車したと確認が出来るのは数週間~数カ月後になる為、月割での納付書の発行は時間が掛かりすぎるのです。

 

その間、納付期限を過ぎてしまうと督促状など催促の連絡が来てしまうのでいい気分はしないでしょう。

 

自動車税を月割で払うには

こうした場合、廃車した車検証(通知書)を県税事務所に持って行き、その場で月割の計算と納付をすることが出来ます。

 

また、車検が残っている場合は重量税の還付申請も行えます。

沖縄県自動車税務署

〒901-2134
沖縄県浦添市字港川500-10

総務班
(098)879-1632
課税班
(098)879-1627
管轄地域
本島一円および本島の各離島

宮古事務所県税課
〒906-0012
沖縄県宮古島市平良字西里1125(沖縄県宮古合同庁舎 1階)

県税課(0980) 72-2553
管轄地域
宮古島市多良間村

八重山事務所県税課

〒907-0002
石垣市字真栄里438-1(沖縄県八重山合同庁舎 1階)

(0980) 82-3045管轄地域
石垣市竹富町与那国町