軽自動車を廃車するとき税金はどうなる?

軽自動車を廃車するとき税金はどうなるのか

軽自動車にかかる自動車税は毎年4月1日の時点での所有者または使用者に課税されます。

普通乗用車と違って軽自動車は市町村税となる為、お住いの市町村役場に納める税金となります。

 

もう一点、普通乗用車と異なる点があります。

 

軽自動車を廃車または売却した場合、すでに収めた税金が戻ってこないことです。

 

普通乗用車であれば、自動車税(年税)を12カ月で割り、廃車した月から翌年度の3月までの残り月数分が戻ってきます。

 

しかし、軽自動車の場合は月割計算で税金が戻ってくることはないのです。

 

逆に言えば軽自動車の購入を検討している人は4月に買えばその年の税金は丸々払わなくて済むということなんですねー

 

これらから、軽自動車の自動車税は廃車や売却時に月割で戻ってくることはないということなんです。