沖縄県で廃車を高価買取してもらうポイント

沖縄の廃車買取事情

沖縄県は他県と土地柄を比べると年中海風にさらされ、気温が高く、台風被害が最も多い地域と言えます。

 

このような気候の地域ではまず、塗装が非常に痛みやすく、サビによるボディの腐食も進みやすいのです。

 

普段開けることのないエンジンルームも数年ぶりに開いてみるとあちこちがサビによる腐食が進んでいたりします。

 

例えば、ラジエータなどのホースをつなぐ金具や各部品を接続しているネジなどは特に傷みやすく、その影響で部品のガタツキや脱落など修理に数万円かかることもあります。

 

全国的に中古車の買取相場をみても車の状態が良いことが前提となり、こういったサビによるボディの腐食やパーツの劣化は致命的となります。

 

状態が良ければ数十万円の価値がある車でも、沖縄県の車ではガクンと査定価格が下がることも珍しくありません。中古車業界では沖縄ナンバーの車はレンタカーあがりかサビ被害の車というイメージが強く、買取にも積極的ではありません。

 

錆びた車

 

廃車として買取してもらうには

中古車として商品価値がない場合や、商品化するまでの修繕費が高い場合は一般の買取価格は0円に等しくなります。

 

車の状態も含めて走行距離が多い車、事故車や故障車などは廃車扱いとなるケースが多いでしょう。

 

そういった廃車を専門に買取してくれる業者もここ数年急増していますが、それら業者も様々です。

 

というのも、海外へ輸出するルートを持った業者は需要がある車に関しては、ほぼほぼどんな状態でも買取してくれますし、高価買取が期待できます。

 

また、解体やスクラップ目的で買取を行う業者は、その車の部品をバラ売りしたり、鉄、アルミ、プラスチックなどに分類し再資源として買取を行います。

 

沖縄県では軽自動車の登録台数が比較的多いため、国内の中古車市場に見合ってはいますが、海外に目を向けるとインドやスリランカなど東南アジアで人気が高騰しているのです。

 

もちろん普通車でもアフリカやヨーロッパ、南米などに多種多様、輸出されていますので廃車を高価買取してもらう方法としてはまずは海外に目を向けるとイイでしょう。

 

海外で走る日本車

海外で走る日本車

 

海外に車を売るには

海外に車を輸出する方法としては、自分で行うには至難の業です。

 

上記で解説したように、輸出を専門とする業者に査定の依頼をすることです。

 

そこでは、まず車種と年式が一番重要となります。その次に車の状態や仕様が評価の上下につながります。

 

殆どと言っていいほど走行距離や事故歴は関係ありません。また、内外装の汚れや傷などは気にしなくてよいのです。

 

沖縄県の廃車買取りランキングはコチラ→

 

 

 

カテゴリ:沖縄 廃車 

ページの先頭へ