台風による車の被害

台風で車が壊れた

沖縄県は台風の通り道で、毎年5月から11月にかけて多い年で10本以上被害に遭うこともあります。

そこで気を付けておきたいのが車両保険です。

車両保険にはいくつか種類があり、車同士の事故のみ自分の車の修理代が出る保険内容と、天災や自損事故などすべてにおいて修理代が出る保険とがあります。

もちろんすべていおいて保険が下りる内容であれば年間の保険料も倍近く上がることも予想されますが、所有している車が新しければ新しいほど加入しておいたほうがいいのです。

その理由がこちら⇩

台風被害による車

台風によりアパートの屋根が車に落下し、見ての通り損害がひどく、修理代は見当がつきません。

画像では分かりにくいのですが車は新車間もない外車です。

もしも車両保険に加入していなかったらと思うとゾッとしますよね。

これらに限らず廃車寸前の軽自動車でもすくなからずショックは受けるはずです。

元々査定金額が数万円でも残っていたはずの車であれば完全に0円となるのですから。

外観の損傷は少なくても、近年全国的に被害が増えている豪雨災害は車内に雨水に浸かり、車内の水浸しや泥被害だけでは済みません。

エンジンなどの機関部分はもちろんのこと、電気系のショートやコンピューターの故障まで致命的損傷は広範囲に及ぶのです。

車両保険ではこれらの被害は全損扱いとなり、保険金額は全額支払われます。その金額で買い替えか修理するかどちらか選択することが出来るのです。

ほとんどの場合廃車にして買い替える人がほとんどでしょう。

また車自体が新しくなかなか踏ん切りがつかない場合は事故車・故障車専門の買取業者に現状の車の査定金額を出してみるのも判断材料の一つになると思います。

事故車・故障車など廃車買取専門のカーネクストに査定してもらいましょう。