10分でわかる廃車買取り価格【沖縄 県】

沖縄で廃車の疑問と正しい選択

車の状態や調子はいいのに査定価格が0円だった。。。

事故や故障で動かない場合どうしたらいいの?

車検が切れていると廃車になるの?

税金を払っていないと処分できない?

車のローンが残っているけど廃車したい。。。

廃車の費用が業者によって違う。廃車代っていくらが妥当なの?

これらが最も多い疑問点です。

 

そもそも廃車となる基準は査定価格が0円。つまり、中古車として販売が出来ない車を解体やスクラップとして処分するため廃車と呼ばれます。

 

でも、一般的な沖縄の中古車販売店や新車を扱うディーラーさんでは中古車として販売する基準が異なる為にA社では0円だったとしても、B社では10万円の査定が付く可能性は十分あります。

 

沖縄県に限らず、全国的にも中古車販売店やディーラーさんはたくさんあり、その店舗その店舗によって査定価格はバラバラなのです。

 

一番重要なことは、沖縄で車の査定を一社だけにしないことです。沖縄で廃車といわれても、他県や他店では数十万円の査定価格が出るかもしれないと思っていたほうがいいのです。

 

どんな車でも、車はあなたの財産です。

沖縄でその車が廃車の評価だったとしても、大金を払ってウキウキで購入したはずです。使用年数が長くなり外装や内装が傷だらけでも、車の価値が0円になることは決してないのです。

 

上記の疑問点を踏まえひとつずつ解説していきましょう♪

車の状態や調子はいいのに査定価格が0円だった。。。

売れます。

 

年式や走行距離の問題で中古車として販売できなくても、低年式、過走行車を専門に低価格で販売する中古車店が増えています。

 

まずは、全国にチェーン展開している大手買取店が参入している車買取一括査定を利用してみることをオススメします。

詳しくはコチラのページへ

事故や故障で動かない場合どうしたらいいの?

それでも売れます。

 

事故現状車や故障により動かない車でも専門的に買取をして、部品取りや海外へ輸出したり、自社で直して販売する業者に査定してもらえば必ず売れます。

 

例えば、輸出を専門とするカーネクストや事故車買取を専門とするTAUさんなんかが有名です。もちろんレッカー代はタダですよ♪

詳しくはコチラのページへ

車検が切れていると廃車になるの?

売れます。

 

車の状態が悪く、車検を通すにも高額となる場合は無理に車検を通す必要はありませんし、買取査定に影響はありません。

 

また、ほとんどの買取店は車検が切れていても無料で引き取りに来てくれるので心配はいりません。

詳しくはコチラのページへ

税金を払っていないと処分できない?

車を処分する際に自動車税の支払いは関係ありません。

 

自動車税は県税や市町村税(軽自動車)の管轄となる為、車を先に処分してその後自動車税を納めることはできます。

 

もちろん自動車税の支払いは義務なので未納期間が続くと督促が頻繁にきますので分割など相談しながら納めましょう。

詳しくはコチラのページへ

車のローンが残っているけど廃車したい。。。

まず、車検証の所有者を確認しましょう。

 

所有者がクレジット会社や車屋さんなど本人以外の名義であれば、ローンを完済しないと名義変更や抹消登録が出来ません。

 

しかし、解体やスクラップするのであれば、クレジット会社と再分割など手続きをやり直すことで処分することはできます。

 

スクラップや解体であれば資源の再利用を目的に買取してくれる廃車ラボさんがオススメです♪

詳しくはコチラのページへ

廃車の費用が業者によって違う。廃車代っていくらが妥当なの?

まず、廃車の費用はかかりません。

 

むしろ買取してくれるためお金を払って廃車することはありません。

 

買取価格に違いがあるのは前述のように、その車の状態にああた専門業者を選ぶことです。

詳しくはコチラのページへ

 

電話よりもネットが良い理由

沖縄で今から廃車を頼む人や、すでに廃車の依頼をした人でこんなことを良く聞きます。

 

どこに頼めばいいのか、わからない。。。

電話してもなかなかつながらない。。。

電話の対応が悪い!!

よくあることですね。。。

 

沖縄に限らず繁忙期や年度末なんかは、どこの業者さんも手一杯で電話にも出てくれないことが多いんです!

 

しかも、その車を買ったお店なのに廃車するのにお金を取られるなんてありえません!!

 

個人経営の車屋さんでは約束した日時をすっぽかされるとか、廃車してもらったのに自動車税の請求が何度もくるとか、不安で仕方ありませんよね。。。

 

では、沖縄で廃車をどこに売るのが一番ベストなのかを解説していきましょう。

 

  • まずは、中古車市場の相場を調べる!!

その車を欲しがっている中古車屋さんを探し、最高価格の査定金額を知ることが大事です。

(所要時間3分)

  • 海外の輸出相場を調べる!!

国内の中古車相場がなくても、海外では高値で取引されていることが多いため海外輸出相場を知りましょう。

(所要時間2分)

  • 事故車や故障車は専門業者に聞く!!

動かない車などは部品取りとして国内外問わず取引されています。その専門業者に査定してもらいましょう。

(所要時間3分)

  • 解体、スクラップは重量で決まる!!

廃車処分する場合、車の重量や排気量で買取価格が決まります。軽自動車でも数万円で買取してくれますので間違ってもお金を払って処分しないことです。

(所要時間2分)

 

 

これらを踏まえ、まずはネットでお問い合わせしてみましょう。それぞれにかかる時間は合計10分です。

 

それぞれの必要項目(車の年式や状態など)に入力するだけでおおよその金額を教えてくれますので、即決する前に十分検討して買取りをしてもらいましょう♪

査定価格の3つの違い

沖縄で自動車を売却する際に下取りで売るのか、買取りで売るのかで大きな差が出ます。

 

また自動車の査定には大きく分けて3通りあります。

 

①査定価格表による加点、減点方式による査定価格算出方法。

 

②国内の中古車市場の相場を参考に査定価格を算出する方法。

 

③海外での中古車相場から査定価格を算出される方法。

 

このように3通りある中でどれが一番高く売ることができてどのような形で売るのがベストなのかを説明しましょう。

 

まず、売却方法ですが、下取りと買取りの大きな違いは金額の差です。

下取りで売却する際の査定基準

沖縄で下取り価格は、次に購入する自動車の値引きなども含めて金額を提示されるためその下取り価格が高いのか、低いのか不透明な部分があります。また、購入する車にオプションを付けることでさらに下取り価格が上がる場合があり、はたしてその価格が正当なのか疑問点が多いのです。

 

下取りをする沖縄の販売店は、主にディーラーや中古車販売店になりますが、査定算出方法は①の査定価格表(レッドブック)からの減点方式になることが多く、加点されることはほとんどありません。なぜなら販売店はその車を在庫車として抱えなければなりません。仕入れは極力安く抑えたいところが本音です。その車を販売する際に整備しなければなりませんし、保証もしなければなりません。よって①の方法で下取りに出すことは愛車の査定価格を一番損ねてしまいます。

 

 

 

買取りでの査定価格は?

ここ数年、沖縄をはじめ買取り専門店の店舗数が急激に伸びています。これは買取専門店の査定算出方法がユーザーにとっても満足していただけている証拠といっても過言ではないでしょう。買取専門店の査定算出は②の中古車市場の相場を基に算出されます。その中古車相場というのはオートオークションの平均価格になりますので、事故車や過走行車でも相場が高ければ査定価格も高いのです。しかも、買取専門店は買取りした車を在庫車として抱えず、すぐにオークション会場へ競りにかけるためコストもかかりません。それが買取専門店が増加する理由のひとつでしょう。

 

 

国内の中古車相場が0円で廃車扱いされた場合。

年式が古く、走行距離も多いために査定価格が0円と評価された場合は、いわいる廃車となります。しかし、沖縄で廃車された車でもリサイクルとして価値は出ます。しかし、意外と知られていない売却方法が海外へ輸出することです。

 

海外では(アフリカ、ミャンマー、モンゴルなど)日本車が大変人気があります。その車種により査定価格は異なりますが、中には古ければ古いほどいい車もあります。なぜ日本車が人気なのか?それは日本車のエンジン、ミッション、コンピューターなどの性能が高く、壊れにくいからです。

 

これにより数年前からリサイクルとして廃車を買い取る業者よりも海外へ輸出する業者が増えているのが現状です。この海外の買取相場の情報はディーラーや中古車販売店、買取専門店には入らず、輸出業者の独自ルートによるものですから直接、査定の依頼をしましょう。

ページの先頭へ