沖縄で廃車を高く買取してくれる業者

沖縄の廃車の買取業者ベスト10

沖縄での下取りと買取りの違い

下取りと買取りの違いとは

沖縄に限らず、車を売る際に、よく下取りとか買取りとか耳にしますよね。この下取りと買取りの違いってご存知ですか?

 

その名の通り、沖縄で車を買い替えるときに同時に車を引き取ってもらうことを下取り。車だけ引き取ってもらうことを買取りといいます。しかし、違いはそれだけでなく引き取ってもらう際の査定金額に大きな差があるんです。

下取りと買取りってどっちが高く買い取ってもらえるの?

ズバリ買取りです。

 

沖縄の新車販売店のディーラーさんや中古車販売店さんは下取りで入庫した車をそのまま店頭で販売することはほとんどありません。その理由は、お客さんが点検や整備などでそのディーラーさんや中古車販売店さんに足を運ぶことがあります。その時に今まで乗っていた車が展示されてプライスをみたら気を悪くするかもしれないからです。

 

ではディーラさんや中古車販売店さんは下取りした車をどうするのでしょうか。それはすぐにオートオークションへ出品します。オークションは出品する際に陸送代や出品料など経費が掛かります。その為オークション相場よりも数万円~数十万円安く査定金額を提示するのです。また、新たに購入する車の値引きと下取り価格を合算して提示されるため明確な下取り価格や値引き金額が分からない場合が多いのです。

 

しかも、それが1店舗目であればなおさら言えることです。購入時に何店舗も回って下取り価格を提示されているのであれば、おおよその下取り価格が分かってくるでしょう。そうなると、下取り価格よりも購入する車の方にばかり目がいき、下取り価格の価値なんてどうでもよくなる人が多いのです。

 

買取店の方が査定価格が高いわけ

買取店は車を買い取るだけなのになぜ下取り価格より高いのでしょうか。

 

買取店は全国のネットワークを利用してその車の買い手を探します。また、オークション会場と提携している買取業者も多いため、リアルタイムの買取相場を把握しているのです。

 

その為ディーラーや中古車店よりも素早く転売することができ、オークションに出品する際にかかるコストを抑えることが出来るため下取りよりも買取りの方が高いというわけです。

 

過走行車や事故車でも買取りできるの?

一般的に10年落ちや10万km以上走った車、事故車は買取りできないのは大きな間違いです。

 

国内の中古車市場では10年落ち、10万km以上走った車、事故歴アリの車でも格安ながら販売されており、実際に需要も高いのが現状です。それらの車を専門的に扱う販売店も増えています。

 

また、国内だけでなく海外でも日本車の人気が高く、内外装の程度は関係なく、走行距離や事故歴なんかも全くと言って関係ありません。年式に関しても逆に新しい車の方が関税にかかる費用が高いため年式が低いほど好まれるのです。

 

 

 

買取りに出す際のまとめ

実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も沖縄で下取りの売却査定の際にくまなくチェックされるものです。見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで買取額でその修理費の元がとれることはまずないと考えて良いでしょう。

 

業者は大量発注で安い費用で修理できますし、あえて傷ごと業者に委ねた方がトータルでプラスになります。チャイルドシートを設置している沖縄で買取りを処分しようと思ったら、実沖縄で買取り査定前に撤去しておきましょう。沖縄で下取りの査定は沖縄で買取り本体が対象であってチャイルドシートの有無は加点される項目ではありません。しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは中古でも人気が高い品物ですから、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそこそこ良い価格がつきます。特に人気の高いブランド商品なら驚くほど高値で取引されていることもある位です。一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

 

その一方で、沖縄で買取りを買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特に確認するのを怠りがちですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをしっかり確認しておきましょう。査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。査定士に買取対象となる沖縄で買取りを直接見てもらうなら、買取業者のところに沖縄で買取りで行くのではなくて、先方からこちらへ出張してもらうことも可能です。たいていの業者というのは訪問査定には無料で対応してくれます。ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、各社同時に査定ということもできないわけではありません。

 

複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、高額な査定結果を得やすいという利点があります。沖縄で買取り買取り業者に査定を頼む際には、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。ただ、業者が決まって売却するにあたっては、必要な書類はひとつやふたつではありません。普通乗用沖縄で買取りであれば印鑑証明書が必須ですし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。沖縄で買取りを売る気持ちが固まったら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

 

未分類